【酒まつり】2015年も東広島で酔いしれる!日程をチェック!

酒まつりは東広島市の西条で開催されるお酒のお祭りです。

全国1000銘柄の日本酒が試飲できるお酒のビッグイベントなのでお酒好きの方にはたまらないお祭りになります。

お祭りといえば子供ばかりがはしゃいで、お父さんは付き添いという感じですが、お酒の祭りならお父さんも大いに楽しむことができるでしょう。

また“酒まつり”といっても決して子供が楽しめないお祭りというわけではなく、子供でも楽しめる要素はあるので家族で参加するのがおすすめです。

2015年度の酒まつりの日程などをチェックしていきましょう!
Sponsored Link

酒まつりの日程・会場とアクセス

2015年度お酒祭りは10月10日(土)、10月11日(日)の2日間にわたって開催されます。

会場はJR西日本山陽本線西条駅の周辺です。

車でお越しの場合は国道2号線から“ブールバール”と呼ばれる大通りを広島大学方面へ約3kmほど南下してください。

酒祭りの会場はJR西条駅一帯となるので周辺には交通規制が行われますので臨時駐車場を利用しましょう。

臨時駐車場は広島大学の駐車場が当てられ、有料です。

普通車は1000円、観光バスは2000円になります。

また駐車場からは無料のシャトルバスが出るので是非利用しましょう。

Sponsored Link

当日は公式ホームページの交通規制を良くチェックしてから車で来るようにしてください。

酒まつりの公式HPはコチラ

 

酒まつりの見どころ

お酒祭りの一番の見どころは西条酒造協会の8つの酒蔵が行う、各酒蔵で造られたお酒の試飲や限定販売になります。

それぞれの酒蔵によって特色が違うので様々な味のお酒を楽しむことができるでしょう。

特にお酒には目がないという方にとってはいろいろなお酒が飲めるのでとても楽しいイベントになるかと思います。

またお酒が苦手という方にとってもグルメが充実しているのでとても有意義なイベントです。

日本全国のお酒とおつまみが楽しめる「酒ひろば」については有料の入場券が必要になります。

前売り券1600円、当日券2100円です。

前売り券の方がお得なので既に参加が決まっているという方は前売り券をあらかじめ購入しておきましょう。

 

まとめ

お酒まつりはお酒をたらふく飲むことができるのでお酒好きにはたまらないイベントです。

お酒を飲めない方にとってもグルメが充実しており、また音楽祭やフリーマーケットなどのイベントも並行して行われているので楽しめる内容となっています。

そのため未成年者を同伴で入場しても問題ありません。

お酒好きの方は2015年の酒祭りで様々なお酒に酔いしれましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ