梅雨の語源は?読み方は「つゆ」・「ばいう」どちらが正しいの?

image14
日本にいれば避けて通れない季節の風物詩が梅雨です。

皆さんにとってもなじみ深いものかと思います。

ところでみなさん、梅雨はどのように読まれますか?

「つゆ」ですか、それとも「ばいう」でしょうか?

ここでは梅雨の語源とともに正しい読み方について見ていきます。

Sponsored Link

梅雨の語源

梅雨はもともと中国からの外来語です。

梅雨は日本だけでなく東アジア全域において見られる現象で、中国長江流域においても昔から存在していた雨季です。

ではなぜ梅の雨なのでしょうか?

これには2通りの説があり、梅が熟す時期に降る雨だからという説と、黴 (かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、転じて同じ発音の梅があてがわれ「梅雨」と呼ばれるようになったという説があります。

 

日本で「つゆ」と読まれるようになった理由

上記のように梅雨は中国から伝わってきた外来語で、もともとは「ばいう」と読まれていました。

では一体いつから、日本において「つゆ」という読み方をするようになったのでしょうか?

「つゆ」と読むようになったのは、どうも江戸時代頃からのようです。

それを示すのが「日本歳時記」にある「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」という記述です。

Sponsored Link

なぜ「つゆ」と読むようになったのかですが、これにも諸説あります。

一つは「露」からきているというものです。

たしかに梅雨の時期は木々に降りかかる露も多くなるので、昔の人が梅雨と露をかけたとしても不思議ではありませんね。

二つ目は梅が「つぶれる」を意味する「潰ゆ(つゆ、ついゆ)」に由来するという説です。

梅雨の時期はちょうど梅の実が潰れる時期でもあります。

三つ目は梅以外にも様々なものがこの時期カビが生えたり腐ったりしてダメになる、という意味で「潰える」の古語として「潰ゆ」が「つゆ」に変化したという説があります。

何れにしても梅雨の語源や読み方の由来については未詳の部分が多いのが現状です。

 

まとめ

梅雨はもともと中国から伝わった外来語で、もともと「ばいう」と読まれていたのが日本において「つゆ」という読み方も加えられたようです。

そのためどちらが正しいというわけでもないようです。

「ばいう」と「つゆ」のどちらも用法によって使い分けるのが良いでしょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ