青函トンネルを新幹線が通るようになったら在来線はどうなるの?

image15

2016年3月より青函トンネルを北海道新幹線が通る予定です。

北海道から東京までかかる時間が短縮され様々な経済効果が期待されますが、気になるのは在来線です。

通常、新幹線が開通するようになれば並行する在来線は経営上の問題から第3セクターに移管されるか、場合によっては廃線となります。

青函トンネルを北海道新幹線が通るようになれば並行する在来線はどうなるのでしょうか?

路線ごとに見ていきましょう。

Sponsored Link

江差線

江差線五稜郭駅から木古内駅間は北海道新幹線が開通されるに伴いJR北海道から第三セクターである道南いさりび鉄道に経営分離される予定です。

当初は廃線も検討されバスで代替する案もありましたが、新幹線では代替できない貨物列車が通ることもありいくつかの沿線自治体が反発したため、第三セクターとして存続させることが決まりました。

 

海峡線

海峡線は青函トンネルの部分を含む路線です。

海峡線中小国駅から木古内駅間については経営分離されず、JR北海道線として全線引き続き運行される予定です。

青函トンネル内は新幹線と在来線どちらも走行可能な線路にするため三線軌条が敷設されることになります。

これには通常の電車と新幹線では架線電圧が違う、最高速度の違う新幹線と貨物列車がすれ違う際に風圧で貨物の積み荷が崩れるなどの問題点が指摘されています。

電圧問題に関しては新幹線の電圧と通常の電車の電圧両方に対応できる複電圧車の新規製造が発表されています。

風圧の問題に関しては開業の時点では新幹線の速度を在来線並みに抑えるなどで対応し、在来線の貨物列車を収容できる新幹線についての研究も行われています。

Sponsored Link

函館本線

2031年には新幹線は札幌まで延伸する予定です。

関連記事:北海道新幹線が遂に開業!札幌延伸はいつ?

その際には函館本線の函館駅から小樽駅までの間がJR北海道から経営分離される予定です。

小樽から札幌までの間は札幌都市圏輸送の役割が大きく普通列車の本数・利用客ともに多いため、新幹線開業後もJR北海道が継続して経営する予定です。

 

広域輸送

江差線・海峡線・津軽線の三つで津軽海峡線が形成されており、寝台列車を含む特急列車や急行列車が多数運行されています。

東京や大阪から出発して青函トンネルを抜ける寝台特急もありますがこれらは廃止される傾向にあり、すでに廃止されたものや、定期運行から臨時運行に切り替わっているものもあります。

寝台特急の「日本海」や「トワイライトエクスプレス」はすでに運行終了しています。

「北斗星」や「カシオペア」といった寝台特急についても、前述の電圧問題から廃止される可能性が高いようです。

 

まとめ

青函トンネルを通る貨物線は北海道の作物を本州に運ぶ役割があるため、新幹線が開業してもほとんどの在来線はなんらかの形で存続されるようです。

一方、旅客線としての意味合いが大きい寝台特急などは残念ながら廃止される傾向にあるようです。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ