【唐津くんち】2015年の日程・会場・見どころをチェック!

唐津くんちは佐賀県の秋のお祭りです。

唐津くんちが他のお祭りと一味違うところは豪華絢爛な曳山になります。

巨大な曳山が笛・太鼓・鐘の囃子に合わせて「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声と共に曳子達にひかれていく様は非常に見応えがあるものです。

曳山は国の無形重要民俗文化財に指定されており、毎年このお祭りを見るために延べ50万人もの人出で賑わいます。

2015年度、唐津くんちの日程、会場、見どころをチェックしましょう!
Sponsored Link

唐津くんちの日程

唐津くんちは毎年11月2日〜11月4日に開催されるお祭りです。

今年も11月2日(月)、11月3日(火祝)、11月4日(木)に開催されます。

それぞれの日のスケジュールとしては11月2日は「宵曳山」といって19:30〜22:00に引き出され、各町内曳山止めから唐津神社を目指します。

11月3日は「御旅所神幸」がある日です。

といって9:30〜16:30に唐津神神社を出た後、市内巡行して各町曳山留めへ帰還します。

最終日の11月4日は10:00〜17:30に各町内曳山留めから曳山展示場まで運ばれお祭り終了です。

 

唐津くんちの会場とアクセス

唐津くんちの会場は唐津神社周辺一帯です。

電車で行く場合はJR唐津駅から徒歩11分ほどで到着します。

JR唐津駅までは福岡・博多から約1時間30分、大阪からは新幹線と電車を利用して約5時間ほどです。

Sponsored Link

車で行く場合は長崎道多久ICから約30kmで40分ほどかかります。

福岡・博多方面から高速環状線を利用して54km、大阪方面から山陽中国、九州自動車道を経由して約660km、8時間の道のりです。

東京方面から来る場合は飛行機に乗りましょう。

羽田空港から福岡空港まで1時間50分ほどで到着します。

 

唐津くんちの見どころ

唐津くんちの見どころはやはりその豪華絢爛な曳山です。

非常に手の込んだ方法で作られており、漆工芸品として評価が高く現代の制作費に換算すれば1〜2億円にもなる代物になります。

お祭り期間中は曳山が町内の至る所を巡行しますが、最大の見どころは御旅所神幸の「引き込み」です。

これは、御旅所というあらかじめ固い地面を掘り起こして砂浜のようにした地面から、動きにくい曳山を太鼓のリズムに合わせて豪快に引き込むイベントです。

数百人の曳き子達が力を合わせて一斉に引き込む様は勇壮そのものなので一見の価値があります。

 

まとめ

唐津くんちは佐賀県の唐津神社周辺一帯で行われるお祭りです。

非常に巨大で手の込んだ作りの曳山を見ることができる唯一無二のお祭りなので、是非一度は見に行ってみることをおすすめします。

特に御旅所神幸の引き込みは唐津くんちの中でも最大の見どころなのでぜひとも生で見るようにしましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ