【オリオン座流星群】2015年はいつ?時間や方角をチェック!

image350
オリオン座流星群は例年10月頃に見ることができる流星群です。

オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある流星群になります。

流星群の中でも明るい流星群に数えられ、肉眼で観測することができるものです。

以前は中規模流星群に属していましたが、2006年に突然活動が活発になりたくさんの流星群が見られるようになりました。

2014年度は観測に最適な条件がそろっていたようですが2015年はどうなるでのしょうか?

2015年のオリオン座流星群の日にちや時間帯、方角について見ていきます!

Sponsored Link

オリオン座流星群が見られる日にちは?

オリオン座流星群は例年10月19日〜10月23日に見られる流星群です。

2015年は10月22日に活動が最も活発になります。

オリオン座流星群を観測予定の方は10月22日前後の予定を空けておき、天候が良くなることを祈りましょう。

 

オリオン座流星群が見られる時間帯は?

image836
オリオン座流星群の極大時刻は10月22日の20時です。

ただしこの時間帯には上弦の月が出ており、月の光によって観測が妨げられます。

月が沈むのは夜半過ぎになるので、そのときがオリオン座流星群を観測するベストな時間です。

 

オリオン座流星群が見られる方角は?

image351
オリオン座流星群は放射点が東側にあるため東側を中心に見るのが良いでしょう。

ただし東側だけでなく夜空をまんべんなく見た方が流星群をたくさん見ることができます。

Sponsored Link

オリオン座流星群は夜空の様々な位置で発光してくれる流星群だからです。

また月が出ている場合は月明かりを避けられる方角を見ること、そして街が近い場合は街の明かりを避けられる方角を見るようにしましょう。

 

オリオン座流星群を観測する上での注意点

image835
オリオン座流星群を観測する上での注意点もチェックしておきましょう。

まず当たり前ですが流星の光を見るので街の光からできるだけ遠い場所で観測した方が良いです。

またずっと見上げていて首が凝るのを避けるため、寝転がって見られるように準備しておきます。

レジャーシートや寝袋を用意しておきましょう。

また時期的に寒くなっているので温かい飲み物を持っていくことをおすすめします。

二人以上で行って乾杯するとより楽しく流星群を観測することができるでしょう!

 

まとめ

オリオン座流星群は10月に見られる流星群で、2015年は10月22日の20時が極大時刻です。

近年活発な流星群で安定した数の流星群を観測することができます。

運が良ければ1時間に30〜50個もの流星群を見ることができるでしょう。

方角は東が中心ですが夜空のどこでも輝いてくれます。

月明かりや他の悪条件を排除できる方角を向くのがおすすめです。

流星群をまだ見たことがない方でも比較的観測しやすい流星群になるので、2015年は是非観測してみましょう!


【関連記事】
【しし座流星群】2015年はいつ見れる?時間や方角をチェック!

【ふたご座流星群】2015年はいつがピーク?どちらの方角に見える?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ