【しし座流星群】2015年はいつ見れる?時間や方角をチェック!

image837
しし座流星群は毎年11月に見ることができる流星群です。

非常に見応えのある流星群で、多くの流星が高速で流れるため明るく見えるのが特徴になります。

過去に何度も流星の大出現が見られた流星群で天文学の発展にも重要な役割を担ってきたようです。

もしかしたら今年も思いがけず多くの流星が出現するかもしれません。

2015年のしし座流星群の日にちや時間帯、方角についてチェックしておきましょう!

Sponsored Link

しし座流星群が見られる日にちは?

しし座流星群は毎年11月の半ばから後半にかけてが見頃です。

2015年は11月10日から11月23日の間によく見えるでしょう。

期間中でも特に盛んなのが11月18日です。

11月18日の観測が無理ならば11月17日か11月19日の夜中から夜明けにかけて見るのがおすすめになります。

しし座流星群を観測する予定の方は11月18日前後の予定を空けておきましょう。

 

しし座流星群が見られる時間帯は?

image836
2015年のしし座流星群の見頃は11月18日の0時から夜明け頃です。

最も多く流星群が活動する極大日時は日本時間の13時なので残念ながら観測に適した時間ではありません。

極大日時を観測するのに最も適しているのはヨーロッパです。

日本の場合は前述のように0時から未明にかけてです。

Sponsored Link

ただしこの日は上弦の月が夜更けに昇ってしまいます。

観測するときは月明かりの影響を受けないように工夫することが必要です。

月明かりを遮ることができる場所を探したり、眺める方向を変えるなどしましょう。

未明には月が沈むので非常に条件の良い時間帯になります。

未明まで観測可能という人は是非この時間まで観測を続けましょう。

 

しし座流星群が見られる方角は?

image838
しし座流星群は空の様々な方角で発光するためどの方角を向いていても観測可能です。

ただし月が出ている場合は視界に月が見えない方角を向くと良いでしょう。

また街の光もなるべく見えない方角が良いです。

とはいえしし座流星群はこれらの光に負けないくらい強い光を発する流星群になります。

初心者でも見やすい流星群なので是非観測してみましょう。

 

まとめ

しし座流星群は11月に見られる流星群です。

非常に発光が強く見応えがあります。

2015年は11月10日から11月23日の間が見頃で、特に11月18日が最も盛んです。

時間帯は0時から未明にかけてが日本での見頃になります。

特に未明は月明かりがなくなるので非常に観測しやすくなるでしょう。

方角はどこを向いていても基本的に見えますが月明かりや街の明かりを避けるようにすればよりはっきり観測することができます。


【関連記事】
【オリオン座流星群】2015年はいつ?時間や方角をチェック!

【ふたご座流星群】2015年はいつがピーク?どちらの方角に見える?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ