お歳暮は上司に贈るべき?相場や気をつけるべきマナーはあるの?

image840
お歳暮は日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るものです。

お世話になった方にお歳暮を贈ろうと今から準備している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなお歳暮ですが上司には贈るべきなのかどうか迷っている方も多いかと思います。

お歳暮は一度贈るとしばらくは贈り続けなければなりません。

軽い気持ちで贈るのは避けた方が良いでしょう。

また相場やマナーについても押さえておきたいところです。

贈る際に失礼があって悪印象を持たれるのは絶対に避けたいところですね。

お歳暮を上司に贈るべきか、相場やマナーはどうするべきかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

お歳暮は上司に贈るべきか?

image841
お歳暮を上司に贈るべきかどうかは会社の規則や人間関係によってケースバイケースです。

企業によっては「虚礼廃止」を掲げているところも最近は多くなってきています。

「虚礼廃止」とは気持ちのこもっていない形式上のやりとりを禁止することです。

「虚礼廃止」の企業ではそこまでお世話になっていない上司にお歳暮を贈るのは控えた方が良いでしょう。

しかし企業の文化によっては上司にお歳暮を贈るのが慣例になっている場合もあります。

そのためお歳暮を上司に贈るかどうかは職場の同僚や先輩に聞いておきある程度リサーチしてから決めましょう。

Sponsored Link

上司へのお歳暮の相場は?

image842
さて上司にお歳暮を贈るべきとなった場合、次は品物を選ばなければいけません。

お歳簿の品物を選ぶ際には相場が重要です。

高すぎても安すぎても失礼に当たります。

上司へのお歳暮の一般的な相場はおよそ5000円です。

しかしこちらもケースバイケースで普段から非常にお世話になっているという場合はもう少し頑張ってもいいかもしれません。

ただし注意点としてお歳暮を贈る際、前年よりも安いものを贈るのは失礼に当たります。

そのため身の丈に合わない金額の贈り物は止めておきましょう。

後々自分の首を絞めることになりかねません。

 

気をつけるべきマナーは?

image839
お歳暮を贈る際に気をつけるべきマナーがいくつかあります。

まず届く時期は12月の初めから遅くとも20日までにしましょう。

年末年始はどこの家庭も忙しく過ごしているため、この期間に贈るのは避けたいところです。

また送り状を添えると印象が良くなります。

 

まとめ

お歳暮を上司に贈るかどうかは職場の文化や慣例に合わせましょう。

事前のリサーチが重要です。

上司にお歳暮を贈る場合、相場は5000円ほどになります。

非常にお世話になっているという場合はもう少し高くてもかまいませんが、毎年贈ることになるので無理しないようにしましょう。

マナーとしては時期を遅らせないように気をつけましょう。

色々と相場やマナーはあるもののやはり大切なのは「気持ち」です。

相手が喜ぶように感謝の気持ちがこもった品物を送りましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ