「新嘗祭」とは?「勤労感謝の日」とはどういう関係なの?

image910
新嘗祭は日本において古来から伝わる収穫を祝う宮中祭祀の一つです。

新嘗祭は11月23日に執り行われ、現在でもこの日になると天皇陛下が新穀を神々に奉ります。

このように由緒正しい新嘗祭ですが、実は勤労感謝の日と根深い関係があるようです。

また勤労感謝の日は働く人に感謝する日ではありません。

新嘗祭と勤労感謝の日、二つの祝祭日の関係について見ていきましょう。

Sponsored Link

新嘗祭の歴史

新嘗祭が歴史上に初めて登場するのは642年です。

歴史書「日本書紀」には、11月16日に新嘗祭が執り行われたという記述があります。

明治以降、近代国家を装う必要から祝日を固定する必要が生じ11月23日に固定されるようになりました。

新嘗祭は宮中で天皇によって執り行われる他、下鴨神社・天神深志神社・伊勢神宮など全国各地の神社で執り行われるものです。

現在ではあまり見かけられませんが、以前は新嘗祭が終わるまで新米を食べないという習慣もありました。

このように1400年以上前から続いている由緒正しい行事で、本来は国民の祝日でしたがGHQの占領時代に「私的な行事」であるとして祝日から排除されました。

 

新嘗祭と勤労感謝の日の関係

image909
新嘗祭がGHQによって祝日から廃止されることにより、代わりにあてがわれたのが勤労感謝の日です。

現在では天皇は国家の象徴ですが、昔は現人神でした。

Sponsored Link

GHQの政策上、天皇が祭祀を司る新嘗祭を日本の祝日にするのは都合が悪いという事情があったため、勤労感謝の日があてがわれるという措置がとられたようです。

新嘗祭以外にも宮中儀式に関わる様々な祝日が名前を変えることになりました。

「文化の日」や「建国記念の日」も元はと言えば宮中儀式に関わるものです。

「勤労感謝の日」は元々は「新嘗祭」で収穫を祝う日だったのです。

 

勤労感謝の日はお米を食べよう!

image908
勤労感謝の日とは元々は新嘗祭で収穫を祝う日だったということが分かりましたね。

というわけで勤労感謝の日には収穫に感謝してお米を食べましょう!

勤労感謝の日には普段よりも高級なお米を食べるのもいいかもしれません。

お米の品種としてはコシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまちがおすすめです。

コシヒカリは全てにおいて日本人好みのする人気ナンバーワンの品種になります。

ひとめぼれは粘り強さが特徴で冷めてもおいしい品種です。

あきたこまちは水分が多くもちもちしているためおにぎりに向いている品種になります。

普段何気なく食べているお米ですが勤労感謝の日くらいは品種について考えて、農作業に従事している人たちへの感謝の気持ちを思い出してみましょう!

 

まとめ

新嘗祭とは日本で古くから行われている収穫に感謝する行事です。

GHQの占領時代に政策の都合上で勤労感謝の日という名称に変わりました。

勤労感謝の日にはお米を食べて収穫物への感謝の気持ちをあらわしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ