インフルエンザが冬になると流行する理由とは?

image922
インフルエンザは冬に流行します。

夏にかからないとは限りませんがやはり多くの人が感染して話題になるのは決まって冬季です。

冬になればインフルエンザに備えてマスクをつけたり予防接種を受けるなど対策を行う方も多くいるのではないでしょうか?

インフルエンザにかかれば高熱や関節痛に苦しむことになるので当然の対策といえます。

ところでインフルエンザはなぜ冬に流行するのでしょう?

考えてみれば不思議なことです。

何か理由や秘密があるのでしょうか?

インフルエンザが冬に流行する理由について見ていきます。

Sponsored Link

ウイルスの構造

image923
インフルエンザにかかる原因がインフルエンザウイルスによるものであることは周知の事実です。

冬に流行する原因について探る前にまずはウイルスの構造について見ていきましょう。

ウイルスは生物の細胞に寄生する構造を持っています。

ウイルスは増殖しますがそれができるのは生物の細胞の中だけです。

ウイルスの他に人を病気にかからせるものとして細菌があります。

細菌もウイルス同様増殖しますが、細菌の場合はウイルスと違って人の細胞に寄生する必要がありません。

Sponsored Link

インフルエンザが冬に流行る理由

image921

その1 空気の乾燥

ウイルスの特性として乾燥を好むというものがあります。

冬場は夏と違い空気が乾燥してしまいます。

ウイルスは空気を漂って人の体に入り込み増殖しますが、空気が乾燥するとより活発に活動し始めるものです。

また冬場は窓を閉め切っている人が多いと思います。

窓を閉め切ると室内の空気も乾燥するため、これも冬場にインフルエンザが流行する原因です。

ウイルスは乾燥した空気の下で長く生存することができます。

インフルエンザウイルスから逃れるにはなるべく室内の湿度を一定に保つことが必要です。

 

その2 喉の乾燥

冬場は口内も乾燥しがちですが、これもインフルエンザウイルスが体内に侵入しやすくなる原因です。

外気も室内も乾燥するため喉の粘膜が乾きやすくなります。

外から帰ってきたときはインフルエンザウイルスを除菌するためにも手洗い・うがいをしっかりとするようにしましょう。

 

その3 低温を好む

インフルエンザウイルスのもう一つの特性として低温を好むというものがあります。

暑さに強いウイルスもあれば寒さに強いウイルスもありますがインフルエンザウイルスは寒さに強いウイルスです。

また人間の体温自体も冬は下がりがちで、体温の低下が抵抗力の減少を招くことも流行の一因となっています。

 

まとめ

インフルエンザウイルスが冬に流行するのは寒さと乾燥を好むためです。

冬は外や室内、体内の全ての温度が下がりまた乾燥します。

冬場、インフルエンザを防ぐには予防接種を受けるほかに湿度を保ち温かくするようにすることが大切です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ