インフルエンザは自然治癒で回復するってホント?何日くらいで治る?

image928
インフルエンザは38度を超える高熱と酷い筋肉痛や関節痛を引き起こす重病です。

なるべくはかかりたくない病気ですがかかってしまった場合は治さなければ行けません。

皆さんはインフルエンザにかかったときはどのようにして治しているでしょうか?

まず真っ先に思い浮かぶのは医療機関で治療を受けることです。

しかしインフルエンザは自然治癒で回復できるという話もあります。

では医療機関で処方されるタミフルにはどういう意味があるのでしょうか?

インフルエンザの治し方と何日くらいで治るのかについて見ていきます。

Sponsored Link

インフルエンザの自然治癒について

image929
インフルエンザは実は発病してから4〜5日ほどで自然治癒します。

というよりも自然治癒でしか治らない病気です。

タミフルがまだ存在していなかった時期はとにかく安静にして水分と栄養を補給し、脱水症状にならないようにだけ気をつけていました。

では特効薬のタミフルにはどういう意味があるのでしょうか?

 

タミフルの意味と効果

image931
タミフルはインフルエンザウイルスを退治する薬だと思われがちですが、実際はインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があるにすぎないのです。

実際にインフルエンザウイルスを退治するのは体の免疫機構の働きです。

そのためインフルエンザウイルスが増殖しきった頃に服用しても意味がありません。

インフルエンザを発症してから48時間以内に服用すれば効果的だと言われています。

Sponsored Link

インフルエンザを発症したら4〜5日ほど高熱や関節痛などの症状に苦しむことになりますが、タミフルを服用すれば解熱が1日ほど早くなり、また肺炎、中耳炎、インフルエンザ脳症などの危険な合併症になる確率を下げることができます。

 

タミフル服用による異常行動について

image930
タミフルはインフルエンザの症状を抑えて軽減するすばらしい薬なのですが、服用した10代の子供がビルの上階から飛び降りるなど異常行動を起こすという事件が頻発しました。

これらの事件についてタミフルとの因果関係はまだ結論が出ていません。

なぜ異常行動を起こしたのかについては、インフルエンザの症状の結果として異常行動を起こした、あるいはタミフルがインフルエンザの症状を増幅してしまったなど様々な説があるようです。

タミフルは基本的にはインフルエンザの危険な合併症を防ぐのにめざましい効果を発揮しているため、インフルエンザの初期段階で服用することが推奨されます。

とはいえ命に関わる問題なので、99%の人に対しては問題の無い薬ですが、10代の子供に服用させる場合は念のため窓を開けにくくしておくなど行動に注意を払っておきましょう。

 

まとめ

インフルエンザは基本的に自然治癒によって治る病気です。

タミフルはインフルエンザウイルスを除去するわけではなく、増殖を抑える効果があるに過ぎません。

しかし解熱時間を短縮することができ、危険な合併症を防いでくれるので、発症してからなるべく早く服用するようにしましょう。

しかしわずかながら10代の子供が異常行動を起こすという事例が発生しているので、10代の子供に服用させる場合には注意しましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“インフルエンザは自然治癒で回復するってホント?何日くらいで治る?” への1件のフィードバック

  1. […] 画像引用元http://koyoinoneta.com/archives/2705.html […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ