ブリとハマチの違いとは?味や見た目で分かるの?

image967
お寿司は本来、高級食ですが最近では回転寿司等でリーズナブルに楽しむこともできますね。

回転寿司屋に行くと色とりどりの魚が並んでいて、いまだにどのネタを食べようか迷ってしまいます。

マグロ、サーモン、ウナギなど様々な魚がありますが、ブリとハマチを見てどう違うのだろうと思った方も多いのではないでしょうか?

実際似たような見た目、似たような味に感じてしまいます。

ブリとハマチの味や見た目の違いについてみていきましょう。

Sponsored Link

ブリとハマチの定義

image969
ブリとハマチは種類的には同じ魚です。

ブリとハマチの違いはどれだけ成長したかによります。

一般的に80センチ以上に成長したものをブリと呼び、関西では40センチから80センチ未満のブリをハマチと呼んでいるようです。

ただし近年の回転寿司屋においては養殖したブリをハマチ、天然のものをブリと呼ぶのが一般的です。

また関東では60センチ~80センチ程度のブリをワラサ、35センチ~60センチ程度のブリをイナダ、35センチ以下のブリをワカシ、稚魚をモジャコと呼ぶようです。

少しややこしいですが要するにブリの少し小さいもの、あるいは養殖のものをハマチと呼ぶと覚えておくと良いでしょう。

 

見た目と味の違い

image970
ブリとハマチの切り身における見た目の違いはブリの方が色が濃く、ハマチの方が色が薄いです。

ブリやハマチは白身魚と思われがちですが、実は赤身の魚になります。

Sponsored Link

お寿司のネタの場合、赤身加減でブリとハマチの違いを見分けましょう。

ブリとハマチの味の違いは養殖と天然の違いから、ハマチの方が脂身が多く、ブリの方がスッキリしてコリっとした食感です。

以前は天然のブリの方が高価でしたが、消費者が脂身を好むことや養殖物の品質向上から、現在では養殖物の方が高くなることもあります。

 

カンパチとヒラマサ

image968
ブリやハマチによく似た魚としてカンパチがあります。

カンパチはブリやハマチに似ていますが同種の魚ではなく別の魚です。

カンパチには目と目の間に「八」のような模様があります。

そのため漢字で「間八」と書いてカンパチと呼ぶのです。

またブリやカンパチの親戚筋に当たる魚としてヒラマサがあります。

ヒラマサもブリによく似た魚ですが、やや平らでブリやカンパチよりも大きく成長します。

ヒラマサの味はブリやカンパチよりもスッキリしていて脂身が少なめです。

 

まとめ

ブリとハマチの違いは魚がどこまで大きく成長したか、あるいは養殖か天然かの違いです。

ブリの方が赤色が濃く、ハマチの方が脂がのっています。

ただ素人には中々見分けるのは難しいものです。

実際にブリとハマチをお寿司屋さんで食べてもそこまで違いを感じないという方は多いと思います。

あまり難しく考えずに実際に食べてみて何となく気に入った方を食べるということで良いのではないでしょうか?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ