メンズのニット帽のかっこいいかぶり方は?耳は出す?前髪は?

image976
ニット帽は寒い季節のオシャレアイテムです。

ニット帽をびしっと着こなせている人は格段にオシャレに見えます!

しかしニット帽は中々難しいファッションアイテムですよね。

種類が多いうえにかぶり方を間違えれば酷くかっこ悪く見えてしまいます。

耳を出すのか前髪を出すのかでも微妙に印象が変わってしまうものです。

ただニット帽は機能的にも優れており、上手に着こなすことができれば温かくて手軽なオシャレを楽しむことができます。

そこで今回はニット帽のかっこいいかぶり方と耳や前髪を出すかどうかについて見ていきましょう!

Sponsored Link

ニット帽の種類によるかぶり方

image977
ニット帽には5つの要素があります。

・ツバ付きのもの

・折り返しが付いたもの

・シンプルなもの

・浅いもの

・深いもの

以上の5つです。

それぞれニット帽の種類によってもかぶり方は変わってきます。

ツバの付いたニット帽では基本的に深めにかぶり、前髪を帽子の中に入れましょう。

折り返しの付いたニット帽はおでこの半分くらいにかぶって前髪は出した方がよいです。

折り返しやツバの付いていないシンプルなニット帽であればボリュームがないため深くかぶらざるを得ません。

よって前髪を全部入れましょう。

浅いニット帽であればかぶるというよりも頭の上に載せるようなイメージで前髪を出しておきます。

耳は全部出すか半分隠すくらいにとどめておきましょう。

Sponsored Link

深いニット帽であれば前髪を全部隠すことになります。

耳は8割から全部隠すようにしましょう。

 

かぶる深さによって変わる印象

image975
浅めにかぶって額を少し見せればカジュアルでこなれた雰囲気を演出することができます。

逆に深くかぶればモードな印象になってシックな雰囲気を出すことができるでしょう。

それぞれ自身の醸し出したい印象に合わせてかぶる深さを調節することが大切です。

 

顔の形によるかぶり方

image978
かぶり方は顔の形によっても適切な方法があります。

丸顔の方は額を出して浅めにかぶり、耳を出した方がバランスの良い印象を与えるでしょう。

面長の方は深くかぶって耳を隠し縦の長さを和らげます。

四角顔や三角顔であればやや浅めにかぶれば耳は出しても出さなくても大丈夫です。

 

まとめ

ニット帽をかぶる際にはニット帽の種類、与えたい印象、顔の形によって適切なかぶり方を探しましょう。

ニット帽の種類によってかぶり方が決まってしまうため、与えたい印象と顔の形からまず決めてニット帽の種類を選ぶことが大切です。

浅めにかぶればカジュアル、深くかぶればシックな印象になります。

顔の形としては丸顔であれば浅めに、面長であれば深めに、四角顔や三角顔であればやや浅めにかぶるのがおすすめです。

ただしこれらはあくまでも指針なので実際にかぶってみて色々試してみましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ