上司に年賀状は送るべきか?住所はどうやって聞き出せば良い?

image26
年末になれば友人・知人や親戚、お世話になった方へ年賀状を送らなければいけません。

年賀状をたくさん送る人は住所のリストを作るのに大忙しだと思います。

どうしようか迷うのは会社の上司への年賀状です。

お世話になった上司であれば年賀状を送った方がいいかもしれませんが、大きな会社でたくさん上司がいる場合は大変ですよね。

しかしみんなが出しているのに自分だけ出していないというような事態は避けたいところです。

年賀状はどのくらいの上司まで出すべきなのか、また住所はどのようにして聞き出すべきか、見ていきましょう!

Sponsored Link

基本的には気分次第

image27
年賀状を出すかどうかは基本的には自分が出したい人に出すという方針でいいかと思います。

年賀状はお世話になった人に出すべきものなので、お世話になった人に一言年始の挨拶を年賀状でしたいという場合には出すようにしましょう。

年始にすぐ上司に会うという場合は直接会社で会った際に挨拶すれば、年賀状を出す必要も無いと思います。

年賀状は本来、遠くて年始の挨拶ができない人に葉書を送るという趣旨で行われていたものだからです。

また会社の文化に合わせることも大切です。

会社で多くの人が上司に出しているのであれば出せば良いですし、そのようなことは一切禁止されているという場合もあるでしょう。

会社内のルールを事前に確認しておくことが大切です。

 

どの上司まで出すべき?

image28
年賀状を上司に送るとして一番悩むのはどの上司まで出すかということです。

Sponsored Link

直属の上司まででしょうか、年に何度か顔を合わせるような上司にまで出すのでしょうか、いっそのこと社長にまで出すべきでしょうか?

この問題についても自分が出したい範囲で出せば良いと思います。

もし会社の文化や慣例で年賀状を送ることになっているのであれば、近しい先輩にどの上司まで出すのか聞いておきましょう。

 

上司の住所を聞く方法

image29
年賀状を送ることに決めました。

しかし早速、作成に取りかかろうという段になって住所が分からないなんてことになっては大変です。

年賀状を作る前にきちんと上司の住所を控えておく必要があります。

しかし上司の住所はどのようにして知れば良いのでしょうか?

基本的には上司に直接聞くのが良いと思います。

「年賀状を出したいので住所を教えていただけませんか?」と聞けばたいていの人は教えてくれるでしょう。

基本的に年賀状を出すと言われて悪く感じる人はいません。

一番まずいのは第三者から聞き出してサプライズで年賀状を送るような方法です。

最近は個人情報の取り扱いには厳しくなっていますし、不審に思われればトラブルになりかねないので注意しましょう。

 

まとめ

上司に年賀状を出すかどうかは基本的に自分の気持ちに任せるようにしましょう。

会社のルールや文化に合わせることも重要です。

住所を聞くときは普通に年賀状を出したいから教えて欲しい旨を伝えましょう。

下手に小細工を弄すると逆効果となる場合がありますのでご注意を!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ