年賀状には「賀正」、「謹賀新年」、どちらを使うのが正しいの?

image30
お正月には年賀状を送らなければいけませんね。

皆さんも知人や同僚、親しい友人の他、上司や普段からお世話になっている恩師、取引先など様々な方に年賀状を出しているかと思います。

一年の初めに送るものなのでミスは避けたいところですね。

しかし年賀状の書き方については曖昧な方も多いのではないでしょうか?

特に「賀正」と「謹賀新年」のどちらを使うべきかはわかりにくいですよね。

「賀正」と「謹賀新年」の正しい使い方についてみていきましょう!

Sponsored Link

年賀状の基本フォーマット

image31
まずは年賀状の文面に関する基本的なフォーマットについて見ていきましょう。

 

 賀詞

新年のお祝いの言葉を表す部分です。

「賀正」や「謹賀新年」も賀詞にあたります。

文面の一番初めに書くものです。

 

 本文

まずあいさつやお礼などの謝辞を書きます。

次に相手の幸福を祈ったり、変わらぬ友誼を願ったりする言葉を書きましょう。

 

日付

年賀状を出した日付を書きます。

もし元旦に出した場合は、「一月元旦」や「一月一日元旦」などと書いてはいけません。

元旦には1月1日の意味も含まれているので、「元旦」とだけ書きましょう。

Sponsored Link

賀詞の選び方

image33
賀詞は送る相手との関係によって変わってきます。

以下が出す相手と賀詞の組み合わせです。

 

お世話になった先生、お得意先に出す場合

 「謹んで年頭のご祝詞を申し上げます」

 「謹んで年始のご挨拶を申し述べます」

 「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」

 

会社の上司に出す場合

 「謹賀新年」

 「恭賀新年」

 「新春のお喜びを申し上げます」

 

会社や組織の名前で出す場合

 「謹賀新年」

 「恭賀新年」

 

友達、知人、会社の同僚、その他親しい人に出す場合

 「あけましておめでとう(ございます)」

 「新年おめでとうございます」

 「新春のお喜びを申し上げます」

 「賀春」

 「賀正」

 「迎春」

 「謹賀新年」

 「Happy New Year!」


このように年賀状は出す相手によって賀詞を変えるようにしましょう。

 

賀正と謹賀新年の意味

image32
 賀正と謹賀新年の意味は実はどちらも同じで「正月を迎えたことを祝う」という意味です。

ただし、賀正は表現を簡略化したものであるため、目上の方に対して使ってはいけません。

謹賀新年であれば相手を敬う意味が込められているため、目上の方に対して使っても大丈夫です。

また謹賀新年を目下の方に使用することも問題ありません。

 

まとめ

「賀正」と「謹賀新年」はどちらもお正月を迎えたことを祝う言葉です。

ただし「賀正」は表現を簡略化したものなので目上の人に使用するのは避けましょう。

相手が目上か目下かよく分からないときは「謹賀新年」を使うのが無難です。

相手との関係を考えて賀詞を正しく使用しましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ