年越しそばを食べる理由とは?意味を子供に聞かれたらどう答える?

image34
大晦日を迎えるとき私たち日本人は様々なことをしますね。

除夜の鐘を聞く準備をしたり初日の出を見る準備をしたり、コタツに入って紅白歌合戦など毎年恒例のテレビ番組を見る人もいるかと思います。

しかし忘れてはならないのが年越しそばです。

年越しそばは古くは江戸時代から脈々と続いている文化で日本人の実に50%以上が毎年、年越しそばを食べています。

そんな年越しそばですが食べる理由についてはよく分かっていない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は年越しそばを食べる理由について見ていきたいと思います。

子供にも説明できるようわかりやすくお伝えします!

Sponsored Link

年越しそばを食べる理由

image37
実のところ、年越しそばを食べる理由については諸説あります。

その中で最も有力なのは一年の厄災を断ち切るというものです。

そばは他の麺類に比べても切りやすい食べ物であるため、一年の厄災も断ち切れると考えられたのでしょう。

お子様にはうどんやラーメンと比べてどれが一番切りやすいか聞いた上で、「今年のイヤなことを頭の中から切り離して新年を迎えるために一番切れやすいそばを食べるんだよ!」などと説明してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

その他の理由

image35
年越しそばを食べる理由には他にも色々あります。

それぞれ見ていきましょう。

 

長寿説

年越しそばは長細いため年末に食べれば長生きできると信じられたという説です。

 

金運説

金箔職人が散らばった金を集める際にそば団子を使ったことからお金が貯まると考えられたという説です。

 

健康説

ソバという植物は生命力が強い植物です。

そのため年越しそばを食べれば新陳代謝がよくなり健康になるという説もあります。

 

年越しそばを食べるタイミングは?

image36
年越しそばを食べる理由を見たところで食べるタイミングについても見ておきましょう。

年越しそばを食べるタイミングとしては大晦日に食べればいつでもいいというのが標準的な説のようです。

だいたいの家庭では年を越える直前で食べているのではないでしょうか?

あまり良くないのは年を越えてから食べることです。

縁起がよくないようなのでなるべく大晦日の内に食べましょう。

また食べ残しすることも縁起が悪いと言われています。

ただしこれも地方によってまちまちのようで福島県の会津地方などでは元旦に食べる風習があるようです。

 

まとめ

年越しそばを食べる理由として最も有力なのは一年の厄災を断ち切るためというものです。

ただ金運や長寿、健康などいくつか他の説もあります。

あまり難しく考えずに自分の一番好きな説を採用するのが良いのではないでしょうか?

食べるタイミングとしては大晦日の内ならいつでもオーケーです。

ただこれにも地方によって風習が様々なので土地の風習に合わせるのが良いかと思います。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ