内定先に年賀状は出すべき?宛名は社長宛て?それとも人事部宛て?

image991
秋が過ぎて冬が近づくと就職活動も落ち着いて、街を行き交うリクルートスーツの学生も少なくなります。

意中の企業から内定をもらえたという方もいれば、思うように行かなかったという方もいらっしゃることでしょう。

就職活動が上手くいった方はほっと一息ついて年を越すことができますが、年末が近づいてくるとまたお正月の準備で忙しくなってしまいます。

お正月といえば年賀状ですが、内定先には年賀状を出すべきなのでしょうか?

出しておいた方が礼儀正しいような気もしますが、まだ大して親密でない会社に年賀状を出すのも奇妙な気もします。

年賀状を出すべきか出さないべきか、出すとしたら宛名はどうするのかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

内定先に年賀状は出すべき?

image992
基本的には内定先に年賀状を出さなければいけない、出してはいけないというような一般的な常識は無いので、年賀状を出すかどうかは自分の気持ちに従うのが大切です。

年賀状を出さなければ気が済まないと言うことであれば出して、年賀状を出すことに違和感を感じるようであれば出さないようにしましょう。

内定者に対して年賀状を出さない企業に年賀状を出しても問題ありませんし、内定者に年賀状を出してくる企業に年賀状を返さなくてもそこまで問題はありません。

内定先に年賀状を出す人は少ないですが、出しても受け取る方としては喜びはすれど、悪く感じられることはないでしょう。

Sponsored Link

ただし会社によってはお中元・お歳簿・賀状はお返しをするのが大変という理由で禁止しているところがあります。

念のためそのようなルールがないかどうかだけ確認しておきましょう。

また規模の小さい会社であれば比較的熱意が届きやすく、大企業であればあまり気にされないかもしれません。

しかし大企業であっても、そうした行為を気に留めて好印象を持ってくれる場合もあります。

 

年賀状の宛名は?

image990
内定先に年賀状を出すとして問題は宛名を誰にするかです。

宛名は社長宛か人事部、あるいは総務部という選択肢もあるかもしれません。

宛名についても基本的には自分の気持ちに従うのが一番です。

就職活動でお世話になった担当の方がいるのであれば、その人に出すのが良いでしょう。

社長など会社の代表に出しても何ら問題はありません。

社長ともなれば多くの人から年賀状を受け取るため、数ある年賀状の一つとみなされるでしょう。

しかし社長の人柄によっては、あなたの熱意を気に入ってもらえるかもしれませんね!

 

まとめ

内定先への年賀状は基本的に出す必要のないものです。

就職活動でお世話になった人にお礼をしたい場合や、出さなければ気が済まないという場合だけ年賀状を出すようにしましょう。

ただし会社によってはお中元・お歳簿・賀状を遠慮しているところもあるので念のため確認が必要です。

年賀状を送る場合は入社後の抱負がきちんと伝わるように失礼の無い範囲でアピールするようにすると良いですね!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ