【年賀状】夫婦連名の宛名の場合「様」はどっちに付けるべきなの?

image993
年末になれば年賀状の準備をしなければいけません。

イラストや写真などを添付しようと張り切って構想を練っている方も多いのではないでしょうか?

ところで年賀状を出す際にいつも迷うのが宛名です。

宛名の部分で間違えれば失礼に当たってしまい、どれだけイラストや本文が凝っていても苦労が水の泡となってしまいます。

宛名は絶対に間違えないようにしなければいけません。

難しいのは夫婦連名の宛名の場合です。

夫婦連名の宛名で年賀状を送る場合、「様」はどちらに付けるべきなのでしょうか?

Sponsored Link

「様」はどちらに付けるべき?

image994
基本的に「様」は夫婦両方に付けます。

親戚や友達が結婚すれば、今まで一人の名前だけ書いていたものが、夫婦二人分書かなければいけなくなるでしょう。

一般的な形式としては世帯主の名前を右側に書き、左側に奥さまの名前を苗字なしで書くことになります。

両方に様を付けるのは少し奇妙な気がしますが、敬称は全員に付けるのがマナーです。

たとえ友人や親戚の旦那さま、あるいは奥さまに面識がなくても宛名に加えておいた方が喜ばれるでしょう。

やはり年賀状はなるべく多く来たほうが嬉しいものです。

もし送り先の夫婦に子供がいるようであれば、子供の名前も奥さまの左に付け加えると喜ばれます。

子供でも年賀状がたくさん送られるのは嬉しいものです。

Sponsored Link

その他の宛名に関する注意点

image995
宛名には他にも注意するべき点があります。

宛名に関して失礼に当たる行為としては以下の様な事例が挙げられます。

・赤字で書くこと、

・修正テープ・修正ペンを使うこと、

・二重線を引いて書き直すこと、

・省略文字を使うこと

また宛名の横書きはしてはいけないわけではありませんが、なるべくなら縦書きにする方が良いでしょう。

基本的に会社の上司や目上の人に年賀状を出す場合は縦書きにしなければいけません。

また宛名の縦横に合わせて本文も縦横を合わせます。

宛名が縦書きなら本文も縦書き、宛名が横書きなら本文も横書きです。

もし間違えて宛名を書いてしまったという場合は、郵便局で5円の手数料を払えば新品のはがきと交換してくれるサービスがあります。

 
【関連記事】切手は換金できる?金券ショップに行けば可能?手数料はかかるの?

 

まとめ

年賀状の宛名を夫婦連名で書く場合、「様」は夫婦の両方に付けましょう。

世帯主の名前を右に書き、左側に奥さまの名前を苗字なしで書き、子供がいればさらに奥さまの左に子供の名前を書くのが一般的です。

他にも宛名については注意点があるため、原則に従って相手の方に失礼の無いように注意したいところです。

年賀状の宛名をきちんと書くことができれば、教養が確かであることをアピールする機会にもなります。

相手の方が気持ちよく年賀状を受け取れるよう、正しい宛名の書き方をマスターしておきましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ