悪態まつりってどんな祭り?2015年の日程をチェックしておこう!

悪口は基本的に良くないことです。

面と向かって悪口を言うと相手を傷つけてしまい、人間関係を悪化させてしまいます。

武士の時代には名誉を重んじる文化から悪口を言うこと自体が法律で規制されていたそうです。

しかしその一方で悪口を言うお祭り“悪態まつり”なるものが存在しています。

年に一度だけ存分に悪態をつくことが許されるユニークなお祭りである悪態まつりとはどのようなお祭りなのでしょうか?

2015年度の日程もあわせてチェックしましょう。
Sponsored Link

悪態まつりとは?

悪態祭は茨城県笠間市の飯綱神社のお祭りです。

お祭りでは参拝客同士が「バカヤロー」などと罵声を上げながらお供え物を奪い合います。

お供え物とは13人の天狗の格好をした氏子たちによって愛宕山の麓から山頂までの道のりを歩きながらほこらに供えられたものです。

このお供え物を天狗と参拝客の間で奪い合い、お供え物を奪い取った人は幸せになれると言われています。

人間の欲深さと暗い部分を丸裸にする変わったお祭りですね。

 

悪態まつりの起源

悪態まつりは元々農民に鬱憤を晴らしてもらうためのお祭りだったと言われています。

一説によると、江戸時代に藩の役人が年貢米に苦しむ農民の不満を聞くために始められたことが起源だそうです。

誰でも悪口を言いたいときはあります。

悪態まつりで悪態をつけば日頃からのストレスや鬱憤を晴らせることでしょう。

Sponsored Link

また当時の為政者側からすれば民衆の不満をガス抜きできます。

悪態まつりの効果は現代の我々にとっても有効です。

現代人は常にストレスと闘っていることを考えるとむしろ今日の私たちにとってこそ必要なお祭りなのかもしれません。

 

悪態まつりの日程

悪態まつりは毎年12月の第三日曜日に開催されています。

2015年度も第3日曜日の12月20日(日)に開催される見込みです。

スッキリした気分で年を越せるように今年の鬱憤は今年の内に晴らしておきましょう!

悪態まつりに参加すればきっと今年あった嫌なことを忘れさせてくれるはずです。

 

悪態まつり会場へのアクセス

悪態まつりの開催場所となる飯綱神社には車、あるいは電車で行くことができます。

車の場合、北関東自動車道友部ICより13分ほど、北関東自動車道笠間西ICより22分ほど、常磐自動車道岩間ICより13分ほどです。

電車の場合はJR岩間駅が最寄り駅になります。

岩間駅からは車で10分、徒歩で60分ほどです。

 

まとめ

悪態まつりは悪態をつきながらお供え物を奪い合うという奇妙なお祭りです。

元々農民の不満を和らげるために行われていたお祭りで、現在もそのコンセプトは変わっていません。

今年嫌なことがあったという人は悪態まつりに参加して鬱憤を晴らしてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ