お年玉の相場っていくらくらい?甥っ子や姪っ子に渡す場合は?

image1002
お正月になれば親戚一同で集まることになります。

親戚一同で集まるのが楽しい人もいれば楽しくない人もいるかと思いますが、悩むのがお年玉です。

経済的に余裕がある場合、目上の者として目下の者にお年玉をあげなければいけませんが、いくらくらいの金額をあげれば良いのでしょうか?

特に甥っ子や姪っ子となると悩むところです。

甥っ子や姪っ子にお年玉をあげる場合の相場についてみていきましょう。

Sponsored Link

甥っ子や姪っ子にお年玉をあげる場合の相場

image1003
お年玉の相場は貰う子供の年齢によって決まります。

以下が学年毎の相場です。

 

幼稚園児

1,000円〜3,000円

 

小学1年生〜3年生

1,000円〜5,000円

 

小学4年生〜6年生

1,000円〜6,000円

 

中学生

3,000円〜6,000円

 

高校生

5,000円〜10,000円

 

大学生

5,000円〜20,000円

 

幼稚園児の場合はまだお金の概念を理解していないかもしれないので金銭よりもお菓子や欲しがっているおもちゃの方がいいかもしれません。

 

お年玉を渡す際の注意点

image1004
お年玉を渡す際の注意点として、自分の経済事情に鑑みて無理をしない範囲で渡すことが大切です。

あまり多く渡してしまうと来年度の期待値を上げてしまうので注意しましょう。

また家庭間で金額の調整をすることも大切です。

あまりにも一方の家庭があげすぎていれば後々トラブルになる可能性があります。

Sponsored Link

自分は気にしないからといって相手は気にしていないとは限りません。

あらかじめどのくらい渡すのか取り決めをしておくと良いでしょう。

 

公平に渡す

image1005
もう一つ大切なのが兄弟間で公平性を保つことです。

お年玉は子供達にとって非常に重要なイベントいえます。

ここでいくら貰ったかによって後々トラブルになることもあるでしょう。

子供はお年玉をいくら貰ったかなどしっかり覚えているものです。

同学年になったにもかかわらず兄や姉よりも貰った金額が少ないなどという話になれば修羅場になりかねません。

そのようなことのないようにあらかじめルールを作っておきましょう。

以下がおすすめのルールです。

 

渡す額を一律にする

小学生までは1,000円、中学生は3,000円、高校生は5,000円、大学生は10,000円といったように渡す額を一律にします。

 

増加額を一定にする

小学生までは一律1,000円にして、その後は学年が一つ上がる毎に1,000円ずつ増加して、上限を10,000円にするというように増加額を一定にする方法です。

 

まとめ

お年玉は子供にとっては純粋に嬉しいものですが、大人にとっては色々と気を遣わなければいけないやっかいなものですね。

とはいえやはり年下の甥っ子や姪っ子がお年玉を貰って喜ぶ姿はかわいいものです。

無理のない範囲でお年玉をあげて喜ばせてあげましょう!

 

【関連記事】お年玉の相場っていくらくらい?年の離れたいとこに渡す場合は?

【関連記事】お年玉の相場っていくらくらい?友人の子供に渡す場合は?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ