お年玉の相場っていくらくらい?年の離れたいとこに渡す場合は?

image1006
お正月になれば親戚同士あつまって去年あったことについて色々話し合うという人も多いかと思います。

久しぶりに親戚同士で集まってお酒を飲むのは楽しいことです。

特にかわいがっている年の離れたいとこでもいれば成長した姿を見て嬉しくなるでしょう。

親戚で集まる度にいとこに会うのを楽しみにしている方もいるかと思います。

しかし悩むのがお年玉です。

年の離れたいとこにはお年玉をいくらくらい渡せばよいのでしょうか?

年の離れたいとこへのお年玉の相場についてみていきます。

Sponsored Link

いとこにお年玉はあげるべきなのか?

image1007
根本的な問題として、そもそもいとこにお年玉はあげるべきなのでしょうか?

これはかなり微妙な問題です。

甥っ子や姪っ子、孫、ひ孫であれば、お年玉をあげなければ格好が付かないと言うこともありますが、いとこにお年玉をあげるというのは珍しいと思います。

しかし収入がある場合は年長者としてお年玉をあげなければいけないような気もしますね。

結局のところ、いとこ間のお年玉のやりとりは地域や家庭間の事情に合わせるのがよいでしょう。

あるいは年の離れたいとこのことを可愛がっていてお年玉をあげたいのならあげる、つまりは“気が進めば”でいいと思います。

またあげる際には相手の叔父さん叔母さんに一応相談しておきましょう。

相手がいらないと言っているのに無理に渡す必要はありません。

Sponsored Link

家庭間の金額調整としていとこにお年玉をあげる

image1008
年の離れたいとこにお年玉をあげるかどうかや、いくらあげるかの問題に関して、家庭間の金額調整をするためにあげるという考え方もあります。

親戚同士で自分の家庭に子供が多くてたくさんお年玉を貰っているにもかかわらず、相手の家庭に子供が少なくて出す分が少ない、というような場合はいとこにもお年玉を渡して調節しましょう。

基本的にお年玉の主体は子供なので本来は子供だけの問題なのですが、金銭に関わることはどうしても大人の問題になってしまいます。

親戚間でぎくしゃくしないためにもなるべく家庭間で同額のやりとりをするのが理想的です。

親戚同士でもお金に関することはきっちりとしておきましょう。

 

お年玉の相場

image1009
いとこにお年玉をあげる場合は相手が小学生、中学生くらいまでだと思います。

相場としては相手の年齢に合わせて通常、甥や姪に渡す程度の金額がいいでしょう。

小学校低学年ならば1000円〜3000円、小学校高学年ならば2000円〜5000円、中学生なら3000円〜5000円程度です。

小学生未満であれば現金よりもおもちゃやお菓子の方が喜ばれるでしょう。

 

まとめ

お年玉を年の離れたいとこに渡すかどうかはかなり微妙な問題です。

家族間の取り決めや自分の経済能力を考慮して渡しましょう。

また極論ですが、お年玉は自分の気持ち次第であげてもあげなくてもいいものなので最後は自分の心に聞くのがいいと思います。

いとこへのお年玉の相場は通常、甥や姪に渡す際の相場が適切でしょう。

 
【関連記事】お年玉の相場っていくらくらい?甥っ子や姪っ子に渡す場合は?

【関連記事】お年玉の相場っていくらくらい?友人の子供に渡す場合は?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ