お年玉の相場っていくらくらい?友人の子供に渡す場合は?

image1012
お正月になれば知り合いの子供にお年玉を渡す機会もあると思います。

難しいのはお年玉の金額です。

特に友人の子供にあげる場合どのくらいが相場なのでしょうか?

お年玉の金額があまりに低いと可哀想ですし、あまりに高いと教育上よくないかもしれません。

友人の子供に渡す場合のお年玉の相場について見ていきましょう。

Sponsored Link

お年玉を渡す際の原則

image1011
基本的にはお年玉というのは親類縁者に渡すことが多いです。

友人の子供に渡すとなると普段から家族ぐるみの付き合いをしているなど余程仲が良い場合かと思います。

そのため、親類に渡すよりも金額は少なめにするのが普通です。

また親類であれば中・高校生、さらには大学生までお年玉をあげることもありますが、友人の子供の場合は小学生までで、中学生以降に渡すということはまずなくなるでしょう。

また友人との間に遺恨を残さないためにもあらかじめ相手の渡す額に合わせることも大切です。

こちらが多く渡しすぎても、少なく渡しすぎても関係がぎくしゃくしてしまう可能性があります。

友人同士とはいえお金に関することはきっちりとしておきましょう。

 

お年玉の相場

image1010
お年玉を友人の子供に渡す場合もやはり相手の子供の年齢を反映して渡しましょう。

相場としては子供が小学生未満なら1000円、小学生なら2000円〜3000円といったところでしょうか。

Sponsored Link

相手と額を合わせる方法

image1014

お年玉をあげる際は友人の渡す額となるべく同額にするのがいいですが、お互い忙しいため事前にすりあわせるのが難しいこともあるかと思います。

そういう場合に相手と額を合わせるには来年のお年玉で調整するという方法がよいでしょう。

その年に子供がいくら受け取ったか聞いておき、その差分を覚えておいて、多ければ来年は多めに渡し、少なければ来年は少なめに渡すという方法です。

 

人数の調整はどうする?

image1013
難しいのは自分と友人の子供の人数が違う場合です。

例えば自分には小学生の子供が3人いて、相手には小学生の子供が一人という場合はどうしましょう?

相手から一人3000円ずつ受け取るとしてこちらは一人の子に9000円を渡すべきでしょうか、あるいは3000円を渡すべきでしょうか?

これにはいろいろな考え方があるかと思いますが、基本的にお年玉は相手の家庭に渡すものではなく、子供に渡すものなので一人分の相場を渡したほうが無難といえます。

前例の場合であれば3000円ですね。

もし友人の家庭に悪いと思うようであれば差し引きの7000円で友人に何かおごってあげるのが良いと思います。

 

まとめ

お年玉は多すぎても少なすぎても良くないものです。

友人の子供に渡す場合は小学生未満なら1000円、小学生なら2000円〜3000円位にしましょう。

なるべく相手の家庭と同額を交換するのが理想ですが、難しいこともあると思いますのでうまく工夫して調整しましょう。


【関連記事】お年玉の相場っていくらくらい?甥っ子や姪っ子に渡す場合は?

【関連記事】お年玉の相場っていくらくらい?年の離れたいとこに渡す場合は?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ