【お正月飾り】玄関に飾っておくのはいつからいつまで?

image1022
お正月といえばお正月飾りを玄関にしなければいけません。

何かと忙しいお正月の時期ですが、ぬかりなくお正月飾りの準備はしておきたいところです。

毎年お正月飾りにもは気合いを入れているという方も多いと思いますが、大切なのは飾る時期です。

門松・しめ縄・玉飾り・破魔矢・鏡餅・羽子板など様々なお正月飾りがありますが、これらはいつからいつまで飾っておくべきなのでしょう?

お正月飾りを玄関にいつからいつまで飾っておくべきなのか見ていきます。

Sponsored Link

門松

image1021
お正月飾りといっても飾りによってそれぞれ飾る時期は異なるようです。

まずは門松から見ていきましょう。

門松はクリスマス終了から28日頃までに飾り始めるのが基本です。

29日は「苦が待つ(末)」、31日は「一夜飾り」と言われそれぞれ縁起が悪いと言われています。

もし28日までに飾ることをうっかり忘れていた場合は30日に飾りましょう。

下げる時期としては1月7日頃が一般的です。

ただし下げる時期に関しては地域によって異なるため、場合によっては1月15日まで飾っていることもあります。

 

しめ縄

image1020
しめ縄も門松と同様に25日〜28日に取り付けるのが良いとされています。

29日や31日に取り付けるのは縁起が悪いと言われているのも同様です。

外す時期も門松と同様1月7日が基本で、地域によっては15日頃になります。

しめ縄と門松は同じと覚えておきましょう。

Sponsored Link

鏡餅

image1019
鏡餅は12月13日〜12月28日に備えるのが良いとされています。

その中でも28日が末広がりの8がついていることから最も縁起が良いとされているようです。

鏡開きの日は年明けの1月11日です。

鏡餅は鏡開きの日に下げ、家族全員で食べましょう。

 

お正月飾りの処分方法

image1023
お正月飾りを飾っておく期間について見たところでお正月飾りの処分方法についても見ていきましょう。

お正月飾りは1月15日に行われるどんど焼きなる行事にて処分するのがおすすめです。

どんど焼きでお正月飾りを焼くのは大変縁起がよいとされ、これを行えばその一年は健康でいられるという言い伝えがあります。

どんど焼きは神社や地域の行事で行われているのでやっている場所がないか探してみましょう。

 

まとめ

お正月飾りは飾る時期が決まっています。

門松としめ縄は12月25日〜12月28日までに飾り、1月7日か1月15日に外すのが良いといわれています。

鏡餅は12月13日〜12月28日に飾るのがよいとされており、1月11日の鏡開きの日に下げるのが一般的です。

いずれも飾る時期を間違えれば縁起の悪いことになりますので気をつけましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ