松の内とはどういう意味?期間はいつからいつまで?

image1025
年末になれば、お正月に備えてお正月飾りや年賀状の準備をしなければいけません。

しっかりと準備をして気持ちよくお正月を迎えられるようにしましょう。

お正月の飾りや年賀状を準備するにあたって覚えておかなければいけないのが松の内です。

松の内とは期間をあらわす用語のようですが、どのような意味なのでしょうか?

また期間はいつからいつまでなのかも合わせて見ていきましょう。

Sponsored Link

松の内の意味

image1027
松の内は正月飾りの一つである門松を飾っておく期間のことです。

門松はお正月様と呼ばれる神様が依代として宿る場所になります。

松は古来中国より生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされ、日本でもおめでたいといわれている植物です。

松の内には門松を飾って神様を家に呼び、新年を祝いましょう。

松の内最後の日には七草粥を食べて、門松としめ縄を外すのが一般的です。

また松の内は寒中見舞いを送る目安でもあります。

寒中見舞いは年賀状の返信が遅れたり、喪中である場合に年賀状の代替として出すものですが、おおよそ松の内が終わった頃から1月下旬までに届けるのが一般的です。

 

松の内の期間

image1024
松の内の期間は一般的に元旦から1月7日くらいまでです。

本来は1月15日までが松の内でした。

Sponsored Link

現在も地域によって1月15日まで松の内が続く場所もあり、具体的な期間は地域によってまちまちです。

関東では1月7日まで、関西では1月15日まで松の内とされることが多いと言われています。

 

松の内の期間が変更された経緯

image1026
松の内はもともと1月15日でしたが、1月7日に短縮されたのは江戸時代のことです。

徳川幕府3代将軍・徳川家光が慶安4年(1651年)4月20日に亡くなったため、1月20日が忌日となりました。

1月20日は鏡開きの日ですが、幕府のお膝元である関東では忌日にあたるため、鏡開きが1月11日に行われることになります。

鏡開きは神や仏に供えた鏡餅を食べる風習ですが、基本的に神様がいる松の内が過ぎた後に行われる行事です。

そのため松の内がまだ終わっていない頃から鏡開きをするのも奇妙だということで、関東では松の内が1月7日に短縮されました。

現在、地域によって松の内の期間にバラツキがあるのは関東で短縮されたのが全国的に広まらなかったためだと言われています。

 

まとめ

松の内とは門松を飾っておく期間のことです。

松の内の間はお正月の神様が門松に宿り御利益をもたらしてくれます。

松の内の期間は地域によって異なり、一般的に関東では1月7日まで、関西では1月15日までです。

松の内の最後の日には七草粥を食べれば良いといわれ、また松の内は寒中見舞いを出す目安でもあります。

松の内を正しく過ごして良いお正月を迎えましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ