出初式で行われるはしご乗りにはどんな意味があるの?

image1029
いつも街の火事に備えて待機してくれている消防署の職員さんですが、そんな消防署の職員さん達が行う出初式なるイベントをご存じでしょうか?

出初式は「でぞめしき」と読みます。

出初式は消防署関係者の仕事始めである1月初旬に行われる恒例行事です。

その由来は古く江戸時代にもさかのぼります。

出初式では、“はしご乗り”というはしごを利用したパフォーマンスが披露されるようです。

なぜ出初式でははしご乗りをするのでしょうか?

その意味について見ていきます。

Sponsored Link

出初式とは?

image1028
出初式は今年一年の火災が無いよう市民の安心・安全を祈願して行われます。

出初式の起源は江戸時代にさかのぼり、当時は毎年1月4日に行われていました。

日本において消防隊が制度化されたのは江戸時代が始めです。

毎年、出初式の日には火消しが結集して気勢を上げていました。

現在では1月6日に行われるようになり、消防の放水やはしご乗りなどのパフォーマンスを見ることができます。

そのため観光客を集める人気行事としての側面もあるようです。

 

出初式ではしごに乗る意味

image1030
出初式ではしごに乗るのもやはり江戸時代に由来があります。

江戸時代の消防隊にはまだ消防設備が整っておらず、はしごは火災が起きた際の必須アイテムでした。

江戸時代の消防隊は風向きや火元の確認、建物の配置をはしごを使うことで把握していたと言われています。

Sponsored Link

しかしはしごに登るには技術が必要です。

下手に登ると風にあおられてバランスを崩してしまうでしょう。

そこで江戸時代の消防隊は普段からはしごを使った訓練を行い、火事に備えて曲芸のようなことをして度胸を付けていたのです。

このようにして普段から身につけたはしごの技を出初式の日に披露する風習が生まれました。

現代では、はしご車など消防機器が充実しているため、はしごを使う場面は少なくなりましたが、火消しの伝統を後世に伝えようという目的で出初式にはしごに乗ってパフォーマンスをしているのです。

 

出所式の日程

image1031
2016年の東京消防庁の出初式は1月6日に行われます。

出初式の日程は地域によって異なりますので、お近くの消防庁の出初式について日程を調べてみましょう。

当日ははしご乗りだけでなく、消火・救助・救急演技や伝統の木遣り行進、消防車両の乗車体験やハイパーレスキュー隊の紹介も行われます。

 

まとめ

出初式は消防隊員の一年の仕事始めに行われる恒例行事です。

今年一年火災が起こらないように安心・安全を祈願する意味があります。

出初式の起源は古く江戸時代にさかのぼり、はしご乗りも江戸時代に由来していたものです。

江戸時代は、はしごを用いた消防活動が主流であったため、普段からはしごの技術を鍛え、訓練していました。

そのような火消しの伝統を現代に伝えるため、今日でもはしご乗りが出初式において行われています。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ