年賀状の返信はいつまでに出せばOK?出しそびれた場合の対処法は?

image1039
年末が近づいてくれば何かと忙しい日々が続きますね。。

そんな中でも年賀状は出しそびれないように気を付けたいところです。

年賀状は友人・知人や普段からお世話になっている人に対して新年のお祝いをするものなのできちんとしておきたいものです。

ところで年賀状の返信はいつまでに出すべきなのでしょうか?

予定外の思わぬ人から年賀状が来た場合、慌てて返信することになることがあるかもしれません。

先方に失礼の無いよういつまでに返信を出せば良いのか、また出しそびれた場合の対処法についても確認しておきましょう。

Sponsored Link

年賀状の返信はいつまで?

image1040
年賀状の返信は基本的に松の内までにしなければいけません。

松の内とは門松を飾っておく期間のことです。

松の内は1月7日まで続くのが一般的ですが、地域によっては1月15日までのところがあります。

松の内の期間内に返せるようになるべく早く出しましょう。


【関連記事】松の内とはどういう意味?期間はいつからいつまで?


また年賀状の返信は必ずはがきで返信しなければいけません。

はがきに対する返信にメールを使わないようにしましょう。

手元に年賀はがきがない場合は通常の私製はがきを使用してもかまいません。

宛名面に「年賀」と赤字で書けば年賀はがきとして使うことができます。

たいていの場合、切手の下に書くことが多いです。

Sponsored Link

出しそびれた場合は?

image1038
年賀状の返信はなるべく松の内までに出すのがマナーですが、ついつい忙しくて松の内までに返せなかったということもあるかと思います。

あるいは今から出すとギリギリになってしまって松の内の期間内に間に合うかどうか分からないという場合もあるでしょう。

そういう場合は「寒中見舞い」として返信することになります。

寒中見舞いとは1月5日頃から2月4日頃までの寒中に行う見舞いのことです。

寒中見舞いは喪中で年賀はがきを出せないときにも使用されます。


【関連記事】喪中期間とはいつからいつまで?その間にしてはいけないことは何?


寒中見舞いの場合には年賀はがきを使ってはいけないので注意しましょう。

 

寒中見舞いの形式

image1037
寒中見舞いは「季節の挨拶」、「年賀状のお礼」、「相手の安否や相手を思いやる言葉など」、「日付・名前」という順番で文章を書きます。

年賀状ではないため、干支などのイラストは入れないように注意しましょう。

季節感のあるイラストを入れるのがおすすめです。

 

まとめ

年賀状はなるべく早めに返信しましょう。

年賀状の返信の期限は松の内までです。

松の内を過ぎてしまった場合は寒中見舞いとして出すことになります。

寒中見舞いには年賀はがきを使用しないことと、干支のイラストを入れないように注意しましょう。

年賀状は親しい知人やお世話になっている人への新年初めの挨拶にあたるので最低限のマナーに気をつけて返信することが大切です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ