【札幌雪まつり】2016年の日程と会場!おすすめの服装は?

image1060
札幌雪まつりは札幌市内で開催される雪と氷の祭典です。

雪の像や氷の像が展示され、真冬の大通公園等を彩ります。

参加者は毎年のべ200万人にのぼり、日本国内だけではなく海外からも多数の人が訪れる北海道最大のイベントです。

会場は3つに別れそれぞれ異なる趣があるため、恋人向け、家族向け、友達同士向けなどそれぞれに合わせて楽しむことができます。

2016年度の札幌雪まつりの日程と会場についてチェックしましょう。

また開催時期は非常に寒い上、雪道を歩くことになるため服装に気をつけなければいけません。

おすすめの服装についても合わせて見ていきます!

Sponsored Link

札幌雪まつりの日程

image1059
札幌雪まつりの日程は原則として毎年2月5日〜2月11日に開催されます。

2016年度も2月5日(金)〜2月11日(木・祝)に開催される見込みです。

また展示されている雪の像は夕暮れと共にライトアップされます。

会場毎にライトアップの時間帯が異なっており、大通り会場が22:00まで、すすきの会場は23:00までです。

2月の夕暮れは16時頃からなので、時間が近づけばライトアップに備えて準備しておきましょう。

 

札幌雪まつりの会場

札幌雪まつりは大通り会場、つどーむ会場、すすきの会場の3つの会場で開催されます。

それぞれ異なる趣向があるため、違いを楽しみましょう。

大通り会場は札幌雪まつりのメイン会場です。

大通公園には大小様々な雪像が並んでおり、地下鉄大通駅が近いため最もアクセスしやすい会場でもあります。

Sponsored Link

つどーむ会場は雪で作ったロング滑り台やスノーラフティングなどを体験できる会場です。

子供でも楽しめるため、家族連れにおすすめの会場となっています。

すすきの会場は主に氷の彫刻を見ることができる会場です。

氷像独特の雰囲気を味わえるほか、飲食店も充実しています。

 

おすすめの服装

image1061
札幌雪まつりが開催されるのは一年で最も寒いと言われる時期の2月です。

そのため雪まつりに出かける際は厳重な防寒具を着ることが大前提となります。

防寒下着、長袖のTシャツ、セーター、厚手のコート、さらには手袋や耳当てといったように可能な限り温かい格好をしましょう。

また雪道を歩くことになるため滑り止めもおすすめです。

雪道の中には凍っていてつるつる滑る場所もあります。

靴の滑り止めなどは駅の売店などでも購入できるので、是非利用しましょう。

 

まとめ

札幌雪まつりは期間中、札幌の街を雪像・氷像で彩る北海道最大のイベントです。

日程は2月5日〜2月11日、会場は3つあるので、それぞれ楽しみましょう。

また気温はかなり低いことが予想されるため、防寒対策をしっかりして、できれば滑らないように靴の滑り止めも装備しておくのがベストです。

当日はライトにきらめく雪や氷の像を見て家族や恋人、友達と一緒に楽しみましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ