熱中症の症状のうつ熱とは?その原因と対策を探る!

image19
これから気温がだんだん上がっていくとよく耳にするのが「熱中症」ですよね。

毎年大勢の方が救急搬送されたり命を落としています。

その熱中症の症状で「うつ熱」というのがあるのはご存知ですか?

あまり聞きなれないですが、もしもの時のために何が原因でどんな症状が出て、予防するにはどんな対策法があるのかをきちんと知っておきましょう。

Sponsored Link

熱中症・うつ熱の原因と症状とは?

まずはうつ熱とはどんなものなのかを知っておきましょう。

人間の体は気温にかかわらず寒いところや逆に暑いところでも体温は保たれていますよね。

寒い時は体を温めようとし、暑い時には逆に体から熱が出ていく仕組みになっています。

ところが暑いところに長時間居たりして体温が上がり、汗をかいて体温を下げようとしているのに下がらない状態をうつ熱と呼びます。

体の中に熱がこもって放出されないのです。

このうつ熱が熱中症の原因となっているのです。

熱中症になってしまうと、おう吐や吐き気、頭痛やめまいなどの症状が現れ、重度の熱中症になると命にまで危険が及びます。

免疫力が低い高齢者や小さな子供、体調が良くない人などは特に注意が必要です。

実際に私も9月に自転車に乗って出かけて家に帰ったところ、体中から汗が止まらなくなり頭痛がして最終的にはおう吐してしまいました。

その日は昼間から水分をあまり摂らずにいたのが原因だと思います。

自分は熱中症にはならいだろうと他人事のように考えてしまいがちですが本当に恐いものなのです。

 

具体的にはどんな対策をすればいいの?

image20
熱中症対策としてよく知られているのは、こまめな水分補給ですよね。

汗と一緒に塩分まで出てしまいますのでスポーツ飲料で水分補給するのが好ましいです。

他には、梅干しや熱中症予防の飴やサプリメントなども効果があると思います。


携帯に便利な1Dayタイプ。サクっサクっと噛んでください。熱中症対策に、栄養機能食品


また普段から適度な運動をして体力をつけておくことやしっかり睡眠をとることを意識したり機能性インナーなどを着ることなどもおすすめです。

外出の際には帽子などをかぶり、直射日光が当たらないようにしましょう。

気温があまりにも高い日は激しい運動も控えたほうがいいでしょう。

Sponsored Link

部屋の中に居る時、寝る時などは大丈夫と思っている方も居ると思いますが湿度が高いとクーラーをつけていても熱中症になってしまう可能性があるので保冷剤で体を冷やしたり、室内でもこまめな水分補給を心掛けましょう。

そして首などの太い血管を冷やすことも大事です。

私も室内に居るときはいつも近くにお茶などを置いて、外出の際には水筒にお茶を入れて持ち歩いていますよ!

一度熱中症になってしまうとなりやすくなるので気を付けましょう。

 

熱中症になるのは人間だけではない?

image21
実は熱中症になるのは人間だけではありません。

ペットも熱中症になってしまいます!

真夏の昼間に犬を散歩している方をたまに見かけますがとても危険です。

アスファルトの熱で肉球を火傷したり、体も地面に近いので人間よりも暑さを感じてしまいます。

なるべく朝や夕方の涼しい時間帯に散歩に連れて行ってあげましょうね。

そして室内に居ても夏の暑さは耐えきれないのでクーラーをつけたりしてしっかりと予防してあげましょう。

また鼻の短い犬や小型犬ほど熱中症になる可能性が高いので気を付けてあげましょう。

私もトイプードルを飼っていますが夏場は朝6時~8時までに散歩に行き、室内が暑くなると凍ったペットボトルを枕のかわりに置いてあげると気持ちよさそうにしています。

あるいは保冷剤をハンカチにくるんで首に巻いてもだいぶ違うと思いますよ!

 

まとめ

うつ熱とはどんなものか分かりましたか?

熱中症は真夏だけのものではなく暑さに体が慣れていない5月、6月などにもなってしまう可能性があります。

対策としては、日頃から体力をつけてバランスの良い食事や睡眠をしっかりと摂ることを意識すると良いでしょう。

また暑いからといってキンキンに冷えたお茶や水ばかりを飲むと胃腸に負担がかかり逆に体調を壊しますので気をつけてくださいね!

これからの季節、楽しいイベントばかりですが熱中症には十分に気をつけて楽しみましょう!


【関連記事】【熱中症対策】予防に効果的な食べ物で子供を危険から守ろう!

【関連記事】熱中症対策に効果抜群な飲み物!お手軽な経口補水液の作り方とは?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ