【秋田かまくら祭り】2016年の日程をチェック!駐車場はある?

image1076
雪国のかまくらにあこがれたことのある方は多いのではないでしょうか?

暖かいかまくらの中で遊んだり食べ物を食べたりする風景には牧歌的な中にも幻想的なものがあります。

都市圏や南国では中々かまくらを作れるほどの雪が降ることはありません。

秋田県横手市では毎年かまくら祭りが開催されます。

秋田かまくら祭りは420〜450年もの歴史があると言われている由緒正しいお祭りです。

農家の人にとって生命線といえる水の神様を祀るお祭りで、かまくらの中で子供達が甘酒を飲んだりお餅を焼いたりする行事です。

現在では観光行事としての色合いが強くなっており、観光客向けのモデルかまくらが多く作られています。

2016年度の秋田かまくら祭りの日程と駐車場の情報についてチェックしましょう!

Sponsored Link

秋田かまくら祭りの日程

秋田かまくら祭りは毎年2月15日、2月16日の二日間に分けて開催されています。

2016年度も2月15日(月)、2月16日(火)に開催される見込みです。

平日のため例年より混雑しないかもしれません。

時間帯は18時から21時までです。

東北地方は大雪のせいで電車等の公共交通機関が運休となる場合がたびたびあります。

参加する予定の方はなるべく早めに着くように心がけましょう。

 

秋田かまくら祭りの会場とアクセス

秋田かまくら祭りの会場は横手市の市内各地です。

お祭り期間中は100個ものかまくらが横手市のあちこちに作られ、メイン会場である横手地域では観光客がいろいろなかまくらに入ることができます。

Sponsored Link

各会場への移動はバスを利用するのが効率的です。

無料の会場巡回バスが15分間隔で運行されているため、無料で各会場を回ることができます。

アクセスとしては電車でJR横手駅まで行くのがおすすめです。

横手駅を下りるとすぐにバスターミナルがあります。

車でもアクセス可能です。

横手体育館に駐車場が設置されており、会場への無料バスが出ています。

 

秋田かまくら祭りの見どころ

秋田かまくら祭りの見どころはなんと言っても様々な種類のかまくらを楽しめるところです。

横手市役所本庁舎前道路公園は最もかまくらの数が多い場所になります。

昨年は横手南小学校で無数の「ミニかまくら」が作られ3Dプロジェクションマッピングが行われました。

かまくらと相まって幻想的な雰囲気だったため今年も期待が高まります。

二葉町かまくら通りは毎年地元住民のおもてなしを受けることができる場所です。

子供達から振る舞われる甘酒やお餅で身も心も温まることができるでしょう。

 

まとめ

秋田かまくら祭りは秋田県横手市で開催される歴史あるお祭りです。

お祭り期間中は様々なかまくらを楽しむことができ、それぞれの会場をバスで巡回することができます。

横手南小学校の「ミニかまくら」や二葉町でのおもてなしを受けられるかまくらがおすすめです。

身も心も温まるイベントなので是非参加してみてくださいね!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ