恵方巻きの食べ方に正しいルールってあるの?時間はいつが良い?

image1098
昔は関西の一部の地域でしか行われていなかった節分の恵方巻きですが、近年は全国的な行事として普及しつつあります。

今年から始めるという方もいれば、以前から始めているけれど恵方巻きのルールが曖昧だという方もいるでしょう。

節分という縁起のよい日に行うイベントなのでなるべくきちんとやっておきたいところです。

今のうちに恵方巻きの食べ方に関する正しいルールについて見ておきましょう。

また恵方巻きを食べる時間帯についても見ていきます。

Sponsored Link

恵方巻きの基本的なルール

image1099
恵方巻きの基本的なルールとして方角、巻き寿司の食べ方、願い事の念じ方などに注意しましょう。

まず食べる際に恵方の方角を向きましょう。

恵方とはその年の干支によって決まる方角のことです。

2016年度は丙なので南南東の方を向いて食べましょう。

巻き寿司の食べ方としては輪切りにせずに一本丸ごと食べるようにします。

「切る」という行為が縁起の悪い行為だからです。

食べるときには願い事を頭に念じますが、その際も目を閉じて無言で願い事をするというルールがあります。

これらの基本的なルールを頭に入れた上で食べるようにしましょう!

 

恵方巻きを食べる時間

image1100
恵方巻きを食べる日にちは節分の日、2016年は2月3日です。

では時間帯はいつが良いのでしょうか?

基本的に恵方巻きを食べる時間は決まっていません。

自分にとって都合のよい時間帯にしましょう。

Sponsored Link

2016年の2月3日は平日なので家族が全員揃うまで待つとなると夜になることでしょう。

たいていの人は晩ご飯として恵方巻きを食べるのではないでしょうか?

学校や職場で食べる場合はお昼休みが良いですね。

朝に食べても問題ありません。

 

恵方巻きはなるべく楽しんで食べる

image1101

恵方巻きのルールは縁起がよくなるよう考えられているので守った方が良いですが、大切なのはなるべく楽しんで食べることです。

恵方巻きは民間から発祥した行事で実のところルールについてもややこじつけ感があります。

由来については諸説ありはっきりしていませんし、太巻を食べると決められたのは海苔業者や寿司業者が販売促進の一環としてキャンペーンを展開したためです。


【関連記事】恵方巻きの由来は実は下品だってホント?流行らせたのは誰?


きちんとルールを守るのが苦しければ少しくらい崩しても問題ないでしょう。

最近では恵方巻きロールなども販売されているのでお寿司よりもロールケーキが好きだったら恵方巻きロールでも良いかと思います。

 

まとめ

恵方巻きの正しいルールとしては正しい方角を向く、一本丸かじりして食べる、無言で食べるなどがあります。

食べる時間については厳格に決まっていないため何時でもよいです。

これらのルールは縁起がよくなるように考えられたものですが、なにぶん民間伝承を元にしたイベントで後付けによって作られたルールも多いことからそこまで堅く考えず楽しむことを忘れないようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“恵方巻きの食べ方に正しいルールってあるの?時間はいつが良い?” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    日本人は、こんな下品な食べ方はしてはいけない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ