節分に食べるのはいわし?くじら?そば?っていうか豆じゃないの?

image1113
節分と言えば昔は年の境目に当たり、邪気を払い福を呼び込む大切なイベントです。

豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりして無病息災を願う人は多いかと思います。

このように一年の福を呼び込むために縁起の良いことを色々とする節分ですが、節分の日に食べると縁起の良い食べ物もあるようです。

豆や恵方巻きは定番になりつつありますが、中にはいわしやくじら、そばなどを食べるのも縁起が良いといわれています。

それぞれ食べる理由や食べ方などを見ていきましょう!

Sponsored Link

image1109
節分の日には豆を撒いた後、自分の年齢と同じ数か一つ多く食べれば無病息災につながると言われています。

節分に豆を食べるのは全国的によく見られる風習ですね。

 

いわし

image1110
地方によっては節分にいわしを食べることがあるようです。

いわしを焼いて食べ、その頭を柊の小枝に刺し、門にさせば厄除けになるといわれています。

これを柊鰯(ひいらぎいわし)といいます。

なぜ柊鰯が厄除けにつながるのかというと、いわしを焼くことで発生する臭気を鬼が苦手としており、玄関に刺せば鬼が近寄れなくなるためです。

柊の棘が鬼の目を刺すという言い伝えもあります。

Sponsored Link

くじら

image1111
節分に食べると縁起が良い食べ物としてくじらをあげる地方もあります。

節分にくじらを食べるのは主に山口県です。

くじらを食べるとくじらのように自分の体や心が大きくなり、鬼に負けなくなったり、邪気を払うことができるといわれています。

くじらの大きさに厄除けや無病息災の根拠を求めているようですね。

最近ではくじらを食べるのが難しくなってきていますが、鬼に負けない心を身につけられるなら節分の日に食べるのも良いかもしれませんね。

 

節分そば

image1112
節分にそばを食べる風習はむしろ正統派ともいえます。

というのも大晦日に食べる年越しそばがありますが、年越しそばは本来、節分の日に食べるものだからです。

節分というのは立春の前日を意味するもので、旧暦では立春が一年の始まりに当たる日でした。

そのため本来は立春の前日である節分が大晦日に当たり、節分に年越しそばを食べるのが適切です。

節分そばを食べる風習は全国津々浦々で見られます。

そばを噛み切ることは過去を断ち切り新しい日に向かうことを意味するようです。

 

まとめ

節分に食べると縁起の良い食べ物は思った以上に色々あるようです。

豆、恵方巻き、いわし、くじら、そばなどいずれも縁起が良いとされています。

全部を食べるのは大変ですが、いつもどおりの節分では少し物足りないと感じるようであれば、普段は食べないものや風習にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ