【バレンタインデー】効果的な本命チョコの渡し方とは?【中学生編】

image1126
バレンタインデーと言えば学校での一大イベントです。

男の子はいつチョコレートを渡されるのか、あるいは自分だけチョコレートがもらえなければどうしようとソワソワする日ですね。

私が学生の頃も女子が紙袋に大量のチョコレートを入れて登校してきていたのを覚えています。

最も女子同士での交換に使われる分がほとんどだったようですがwww

しかし中には本命の人に渡すため、密かに準備しているという人もいるでしょう。

気になる人に思いを伝える千載一遇のチャンス、それがバレンタインデーです!

今回は中学生の効果的な本命チョコの渡し方について見ていきます。

Sponsored Link

手作りチョコを渡そう!

image1128
バレンタインデーで本命の人にチョコレートを渡すのであれば手作りチョコがおすすめです。

やはりお店で買ってきたものよりも手作りの方が真心が感じられるでしょう。

手作りのチョコでおすすめなのは生チョコです。

簡単で大きさにも融通が利くのでこっそり学校に持って行くのにも最適でしょう。

生チョコの作り方は以下の通りです。

①チョコレートを細かく刻む

②刻んだチョコレートを温めた生クリームと混ぜる

③パットなどに流し込み一晩冷蔵庫で冷やす

④好きな大きさに切る

ココアパウダーをかけるとよりおいしくなります。


【即日発送OK】 手作りキットバレンタイン製菓用チョコレート【即日発送OK】…

 

相手との距離感を考える

image1127
手作りのチョコレートを持って“いざ告白!”と行きたいところですが、はやる気持ちを抑えて少し落ち着きましょう。

Sponsored Link

もし渡す相手と普段から仲が良く明らかに脈があるのであれば告白しても問題ありませんが、大して仲が良くない相手にいきなり告白するのは危険です。

相手との距離がまだ遠い場合はまずは近づくためにバレンタインチョコを渡すと考えるのが上策といえます。

 

メッセージを添える

image1129
手作りチョコを渡しただけでははっきり気持ちが伝わらないかもしれません。

手書きのメッセージカードを添えて渡しましょう。

仲のいい相手であれば思い切って告白するのも良いかもしれません。

メッセージの内容にはいつ頃から気になり始めたのか、どのような理由で好きになったのかを書いて、そして最後は「好きです。付き合ってください。」で締めくくりましょう。

まだ相手と仲良くない場合は仲良くなりたい旨を伝えるようにします。

メッセージカードで相手のことを褒めるのが大切です。

最後にメールアドレスやLINEのIDなどを添えて「連絡待ってます」と書いておきましょう。

連絡が来るかどうかで相手が自分のことをどう思っているかある程度はっきりします。

連絡が来れば脈ありといえるでしょう。

 

まとめ

バレンタインデーのチョコレートを渡す際には手作りのチョコレートにメッセージを添えて渡しましょう。

相手との距離感を考えるのも大切です。

既に仲が良く脈ありだと感じれば告白しても良いですが、時期尚早の場合は一歩引いて距離を近づけるところから始めましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ