【偕楽園の梅まつり】2016年の見頃はいつ?駐車場はある?

image1157
茨城県水戸市の日本庭園・偕楽園では毎年、梅祭りが開催されます。

長い歴史のある由緒正しいお祭りで、2016年度は120回目です。

偕楽園は国内有数の梅園で、豊富な品種を誇り期間中はいつ行っても見頃の梅があるといわれています。

偕楽園の梅祭りに参加すれば多種多様な梅の花と芳醇な梅の香りを堪能することができるでしょう。

また開催期間中には臨時の駅が設置されるほか駐車場も利用可能です。

2016年度偕楽園の梅祭りについて見頃と駐車場など交通アクセスについて見ていきましょう!

Sponsored Link

偕楽園・梅まつりの日程と見頃

image1156
2016年の偕楽園の梅祭りの日程は2月20日(土)〜3月31日(木)です。

梅の見頃としてはそれぞれ梅の品種によって変わってきます。

特に偕楽園の梅は、市民団体と茨城県が日本一品種豊富な梅園にしたいという取り組みから、500品種近くの梅を集めて育てられているとのことです。

そのため早咲きの梅から遅咲きの梅まで様々で開花状況や見頃も一概に言えません。

開花状況や見頃は茨城県の観光情報などをチェックして判断しましょう。

また梅祭り開催中に野点茶会や水戸黄門祭り、太鼓演奏、「夜・梅・祭り」といったイベントもあわせて開催されるので、これらの特別なイベントに合わせて観覧に行くのもおすすめです。

 

偕楽園・梅まつりの会場とアクセス・駐車場

偕楽園の梅祭りはもちろん偕楽園が会場です。

住所は茨城県水戸市常磐町1-3-3になります。

Sponsored Link

アクセスは公共交通機関を利用する場合、JR常磐線水戸駅の北口から茨城交通バス偕楽園前行きのバスに乗車です。

およそ20分ほどで着く偕楽園前というバス停下車後、歩いてすぐ到着します。

また混雑解消の目的で期間中のみJR偕楽園臨時駅が登場するため可能ならこちらも利用しましょう。

車で水戸偕楽園まで行く場合は園の周辺に800台ほどの駐車場があり停車可能です。

ただし梅祭りの期間中は有料となっており500円必要なので注意しましょう。

 

夜・梅・祭

偕楽園の梅祭りの期間中一度だけ夜の梅を楽しむイベント「夜・梅・祭」が開催されます。

「夜・梅・祭」は偕楽園の園内が5000個以上のキャンドルによってライトアップされ幻想的な雰囲気を楽しむイベントです。

例年3月の上旬から中旬のいずれかの日に開催されます。

2016年度の日程はまだ不明ですが、興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

まとめ

偕楽園の梅祭りは全国でも有数の梅園を誇る偕楽園の梅を楽しむお祭りです。

期間中いつ来ても見頃の梅があるため梅の花と香りを存分に楽しむことができます。

駐車場は偕楽園周辺にありますが有料なので気をつけましょう。

また夜にライトアップされた梅を楽しむことができる「夜・梅・祭」もあるのでこちらもあわせてチェックしてみてください。

2016年は桜のお花見の前に梅の花を観賞して一足早い春の訪れを楽しみましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ