【東京マラソン】2016年の日程!ランナーの制限時間ってあるの?

image1165
冬と言えばマラソンですね。

日本でも最大規模を誇るマラソンイベントに東京マラソンがあります。

2007年より開催され、ワールドマラソンメジャーズにも加入している世界でも有数のマラソン大会です。

東京国際マラソンや東京シティロードレースなどが統合されて成立した東京マラソンは市民参加型大規模シティマラソンになっています。

2016年度から初めて参加する、あるいは観戦するという方もいるのではないでしょうか?

2016年度の日程とランナーの制限時間についてチェックしておきましょう!

Sponsored Link

東京マラソンの日程

image1166
東京国際マラソンは第4回大会以降2月の第4日曜日に実施されています。

2016年度も2月28日(日)に開催される予定です。

スタート時間は車いすか一般ランナーかによって異なります。

車いすのランナーは9時5分から、一般のランナーは9時10分スタートです。

競技終了時間はコースの距離によって設定されています。

10km競技は10時50分終了、フルマラソンは16時10分に競技終了です。

 

東京マラソンのコース

東京マラソンのコースはフルマラソンが東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサイトとなっています。

10kmコースは東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷公園です。

Sponsored Link

東京マラソンの制限時間

image1164
東京マラソンには制限時間が設定されています。

フルマラソンの一般ランナーが7時間、10kmの一般ランナーが1時間40分です。

フルマラソンの車いすランナーの制限時間が2時間10分、10kmの車いすランナーの制限時間が35分となっています。

これを見れば気づくように車いすランナーの方が制限時間が短いです。

車いすランナーの方が速く走ることが想定されています。

実際、車いすランナーが競技用の車いすで走る方が同じ距離でも普通に走るより高速です。

興味のある方は車いすランナーも見てみてください。

普通のマラソンよりも見応えがあるかもしれません。

 

付随するイベントやボランティア

東京マラソンでは「東京大マラソン祭り」という連動企画も実施されています。

内容は屋台村や応援ウォーク、和太鼓や吹奏楽の演奏などの応援イベントで、地元応援イベント・拠点イベント・公募・学生等イベントなどに区分けされたものです。

また東京マラソンの運営には毎回約1万人ほどのボランティアが無償で参加しています。

興味のある方はこちらにも参加してみましょう。

 

まとめ

東京マラソンは2月28日に開催です。

車いすランナーが9時5分から、一般ランナーが9時10分からスタートします。

それぞれ制限時間がありフルマラソンの一般ランナーは7時間です。

他にも付随するイベントやボランティアなどがあるため興味のある方は是非参加してみましょう!


【関連記事】マラソンのペースメーカーは完走してもいいの?追い越すのはアリ?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ