ホワイトデーっていつできたの?名前の由来は?なぜ3月14日なの?

image1174
バレンタインデーの対として位置づけられているホワイトデーですが、ホワイトデーは日本独自の風習です。

バレンタインデーがチョコレート会社のキャンペーンによってチョコレートを渡す日となったように、ホワイトデーにバレンタインデーのお返しをするということになったのもお菓子会社のキャンペーンの結果と考えるのが自然でしょう。

ホワイトデーがいつできたのか、名前の由来、3月14日である理由などを見ていきます。

Sponsored Link

ホワイトデーはいつできたのか?

image1173
ホワイトデーがいつできたのかには諸説あります。

様々な団体やお菓子屋さんが様々な時期にホワイトデーに当たるイベントを開始しており、それぞれが自分たちを元祖だと主張しているようです。

以下が起源と思われる主な説になります。

全国飴菓子工業協同組合が1980年に始めた説

全国飴菓子工業協同組合は飴菓子業界の全国組織です。

1978年の総会としてホワイトデーが作られ1980年に開始されたと主張しています。


石村萬盛堂が1978年に始めた説

石村萬盛堂は銘菓「鶴乃子」などで有名な老舗のお菓子店です。

1978年にチョコレートのお返しにマシュマロを贈るキャンペーンを始め全国のお菓子屋さんが追従したといわれています。


不二家とエイワが1973年に始めた説

読売新聞の記事に不二家とエイワが「メルシーバレンタイン」というキャンペーンを行い、チョコレートのお返しにキャンディやマシュマロを贈ろうという運動を始めたという記録が残っています。

Sponsored Link

名前の由来

image1176
なぜホワイトデーという名前を付けたのかにも諸説あるようです。

ティーン向けのイベントとしてささやかな愛「純潔」を意味するとか、キャンディの材料である砂糖が白いためとか、あるいは白は縁起の良さや幸福を象徴しているためといった説もあります。

 

なぜ3月14日?

image1175
3月14日と決まった理由もはっきりしません。

一説によるとバレンタインの由来であるバレンタイン司祭のエピソードがもとになっているとのことです。


【関連記事】バレンタインデーにチョコを贈る意味とその由来が気になる!


バレンタイン司祭は結婚したがっている男女を救おうとして2月14日に殉職しました。

その1カ月後の3月14日に男女は改めて永遠の愛を誓ったそうで、そのためホワイトデーを3月14日にしたとのことです。

また日本でキャンディーが誕生したのが3月14日に近い日だったため全国飴菓子工業協同組合がこの日に定めたという説もあります。

 

まとめ

ホワイトデーは日本独自のイベントですが発祥についてははっきりしないイベントです。

そのためいつできたのか、名前の由来、3月14日の理由などはいまいちはっきりしません。

間違いないのはどうもお菓子業界が販売促進の目的で始めたということくらいです。

あまり起源については深く考えずにホワイトデーを楽しむのが良いのかもしれません。

 

【関連記事】【ホワイトデー】お返しで渡すお菓子には全て意味があるってホント?

【関連記事】ホワイトデーのお返しを彼女に渡す場合の金額の相場はどのくらい?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ