【ホワイトデー】お返しで渡すお菓子には全て意味があるってホント?

image1177
男性であればバレンタインデーにチョコレートを貰ったら嬉しいものです。

しかしいつまでもうかうかしているわけにはいきません。

1ヶ月後のホワイトデーにはしっかりお返しのことを考える必要があります!

チョコレートのお返しとしてお菓子を渡すのが一般的ですが、ホワイトデーに渡すお菓子にはどうもそれぞれ意味があるようです。

いい加減にお菓子を選んで渡してしまうと思ってもみない意味が伝わってしまいかねません。

ホワイトデーで渡すお菓子にはそれぞれどのような意味があるのか見ていきましょう!

Sponsored Link

マシュマロ

image1178
ホワイトデーということから白い食べ物としてマシュマロを贈る人もいるかもしれません。

しかしマシュマロをホワイトデーに贈る際には注意が必要です。

ホワイトデーのマシュマロには「あなたのことが嫌い」という意味が込められています。

マシュマロは口に入れるとすぐに溶けてしまうお菓子なので「その場限りで済ませたい」、「もう会いたくない」と解釈されるようです。

まだ付き合いを続けたい人にマシュマロは贈らないようにしましょう。

もし相手がマシュマロ好きのためマシュマロを贈るのであれば、注意書きを添えて誤解の無いようにしなければいけません。

 

クッキー

image1179
手軽で保存の効くクッキーはプレゼントとして贈るのに手頃なお菓子です。

ホワイトデーに贈る予定の方も多いのではないでしょうか?

しかしクッキーにも意味があるので注意が必要です。

Sponsored Link

ホワイトデーのクッキーには「友達のままでいたい」という意味が込められています。

そのため義理チョコへのお返しであったり、友達でいたかったりする相手に贈るお菓子としてはふさわしいものです。

しかし好きだったり本命だったりする相手に誤って渡してしまうと思いが伝わらないかもしれないので注意しましょう。

 

キャンディ

image1180
キャンディをプレゼントに渡すというのは珍しいかもしれません。

しかしホワイトデーのキャンディにも重要な意味があるので注意が必要です。

キャンディには「あなたのことが好きです」という意味が込められています。

本命チョコを貰ってあなたも相手のことが好きな場合はキャンディを贈りましょう。

あるいは義理チョコでも相手のことが好きで想いを伝えたい場合はキャンディを贈るのが良いかもしれません。

 

まとめ

ホワイトデーにお菓子を贈る場合、マシュマロには「あなたが嫌い」、クッキーには「あなたと友達のままでいたい」、キャンディには「あなたのことが好きです」の意味がそれぞれあります。

それぞれ意味を踏まえた上で相手に贈りましょう。

もし職場などで多くの人に返す場合はチョコレートやケーキがおすすめです。

チョコレートやケーキには、特に意味はありません。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ