ひな祭りの時に出てくる食べ物には全て深い意味があるってホント?

image1193
ひな祭りといえばひな人形を飾って無病息災を祈る行事ですね。

由来は古く、平安時代までさかのぼることができます。


【関連記事】 桃の節句とは?意味や由来をチェック!ひな祭りと違いはあるの?


ひな人形を飾るというイメージが強いひな祭りですが、ひな祭りの時に出てくる食べ物に意味があることはあまり知られていません。

ひな祭りの食べ物といえばはまぐりの吸い物、菱餅、ひなあられ、白酒、ちらし寿司などがありますがそれぞれ縁起のいい意味があるようです。

子供が健やかに育つことを願うためにひな祭りに出てくる食べ物の意味について見ていきましょう!

Sponsored Link

はまぐりの吸い物

image1195
あまり知られていませんがはまぐりの吸い物もひな祭りに食べる代表的な食べ物です。

はまぐりの吸い物には夫婦仲が上手くいくようにするという意味があります。

平安時代には「貝合わせ」という遊びをしていたことや、対でなければぴったり合わないことから夫婦仲の縁起として由来しています。

 

菱餅

image1197
菱餅は緑、白、ピンクの三食のお餅で菱形に切って重ねられたものです。

菱餅の意味には諸説あります。

一つは緑が健康長寿を、白は清浄を、ピンクは魔除けをあらわしているという説です。

もう一つは緑が大地、白は雪、ピンクは桃をそれぞれあらわしていて、「雪の溶けた大地に草が生えて桃の花が咲くこと」を意味しているという説になります。

また実際に菱餅には健康増進の効果があり、増血効果のあるよもぎが緑餅に、血圧を下げるひしの実が白餅に、解毒作用があるクチナシがピンク餅には含まれているようです。

Sponsored Link

ひなあられ

image1194
ひなあられにも健康増進の意味があります。

ひなあられも白や赤、緑の三食でできており菱餅のお菓子バージョンです。

白は大地、赤は生命、緑は木々をあらわしており、それぞれからエネルギーをもらえるといわれています。

中には白・黄色・桃色・緑の4色あるものもあり、これは四季を暗示しているようです。

 

白酒

image1196
白酒には気力を養い、邪気を遠ざける意味があります。

白酒は元々、中国から伝わってきた「桃花酒」が由来です。

お酒に桃の花びらを漬けたものが飲まれていました。

古来より中国では桃が薬酒として使われていたためです。

現在のみりんに米や麹を混ぜる白酒になったのは江戸時代からになります。

子供に飲ませる場合、白酒はアルコールが強すぎるので甘酒にしておきましょう。

 

ちらし寿司

image1190
ひな祭りの食べ物として最も定番なのがちらし寿司です。

ちらし寿司には使われる材料にそれぞれ意味が込められています。

エビは長寿、れんこんは将来の見通し、豆は健康と勤労を意味しているようです。

最近では100円寿司なども普及していますが、元々お寿司は祭礼時に食べるおめでたいものでした。

 

まとめ

ひな祭りの時に出てくる食べ物には全ておめでたい意味があります。

家族皆の健康や夫婦仲、長寿、勤労を祈ってひな祭りの食べ物を食べましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ