大学の卒業式は欠席する人が多いの?理由は何?後悔しないの?

image1215
卒業式といえば新しい門出への晴れ舞台ですね。

大学の卒業式ともなれば学校によってはとても個性的な催しがあったり、それなりに豪勢なことをしたりするところもあります。

しかしそんな大学の卒業式を欠席する人もいるとか。

私の友人にも欠席している人はいました。

人生に一度しかない大学の卒業式を休んでしまって後悔しないのでしょうか?

大学の卒業式を欠席する人の割合、欠席する理由、後悔しないのかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

そもそも欠席は可能?

image1216
大学の卒業式は基本的に欠席してもOKです。

小学校・中学校・高校では卒業式といえば余程の事情が無い限り出席しなければいけないものでした。

しかし大学の卒業式は特段事情がなくとも何となくで欠席しても問題ありません。

リスクも特になく普通に卒業できます。

卒業証書など書類の受け取りに関する手続きなどは事前にしておいた方が良いかもしれません。

大学生ともなれば卒業式の出欠についても自由意思ですね。

 

どのくらいの人が欠席する?

image1218
大学の卒業式はどのくらいの人が欠席するのでしょう?

大学によってまちまちですが、たいていは1割ほどが欠席するようです。

やはり多くの人は大学の卒業式にしっかり出て最後の思い出を残したいと思っているのでしょうね。

しかし欠席する人も1割はいます。

そこそこの勢力といえますが1割の人はなぜ欠席するのでしょうか?

Sponsored Link

欠席する理由

image1217
卒業式を欠席する理由は大きく分けて二つあります。

一つは他の用事があって仕方なく休む場合、もう一つは何となく気分が乗らないためです。

大学を卒業した後には社会人生活が待っています。

卒業式の日には来たるべき社会人生活に向けて雑事に追われている人もいるでしょう。

企業研修のある人もいるかもしれませんし、引っ越しの手続きに奔走している人もいるはずです。

一方で気分が乗らないという漠然とした理由で休む人もいます。

多くの場合は卒業式が面白くないからでしょう。

大学ともなれば同学年の生徒を全員知っているというわけにはいきません。

人によってはキャンパス内に友人がいないこともあります。

特に留年した人などは周りに知っている人がいないため卒業式に出ても面白くないという場合も多いでしょう。

 

後悔しないの?

image1219
卒業式を欠席して後悔するかどうかは人それぞれです。

特に問題も無いので後悔しないという人もいれば、やはり学生生活最後の締めくくりに参加しなかったことをいつまでも悔やむ人もいるでしょう。

欠席するか悩んでいる人は自分がどういうタイプの人間か過去を振り返って考えてみましょう。

 

まとめ

大学の卒業式を欠席する人は全体の1割くらいです。

多いといえば多いし、少ないといえば少ない割合になります。

欠席するのは用事があったり気分が乗らなかったりという理由です。

特に友達があまりいないという人は欠席するかもしれません。

欠席しても特段問題は無いので後悔するかどうかは人それぞれです。

ドライな人は後悔しませんし、ウェットな人は後悔するでしょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ