甥っ子・姪っ子への高校入学祝いの相場は?現金?それとも贈り物?

image1242
甥っ子や姪っ子が無事高校に進学しました。

おじさん・おばさんであるあなたは入学祝いをあげなければいけません。

高校ともなると興味や行動の範囲も広がって随分と大人びてくる子もいます。

高校入学に当たっては受験勉強もクリアしなければいけないため、入学祝いは努力を認める意味もあるでしょう。

もしそれが難関といわれる高校であればなおさらしっかりお祝いしてあげなくてはいけません。

問題は高校入学祝いの相場です。

少なすぎてがっかりさせたくはありませんし、未成年に多くあげすぎて良識を疑われるのも避けなければいけません。

甥っ子・姪っ子の高校入学祝いの相場と現金か贈り物どちらがいいのかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

高校入学祝いの相場は?

image1240
甥っ子・姪っ子への高校入学祝いの相場は10,000円〜30,000円ほどです。

小学校、中学校までは10,000円が相場でしたが、やはり高校からは受験勉強を頑張ったということもあってやや多めにあげることになります。

とはいえ高校入学祝いに明確な決まりはありません。

親戚間での取り決めや地域での慣習がある場合それに従いましょう。

また以前に自分の子供がもらっている場合はその金額を返すのが妥当です。

もしお金に余裕がない場合は無理をせず払わなくてもかまいません。

いくらあげればいいかよく分からないという場合は甥っ子や姪っ子の両親に相談してみましょう。

 

現金か贈り物か?

image1241
入学祝いで悩むのは現金か贈り物かどちらを贈るかという問題です。

これについては相手の欲しいものを贈るのが良いでしょう。

最も無難なのは現金です。

Sponsored Link

やはり高校ともなればいかにも定番な贈り物よりも自由に使える現金の方が喜ばれます。

しかし現金を渡す際に心配なのが、もしかしたら親に没収されるかもしれないということです。

そのため高校生であっても品物を贈ることを好む人もいます。

もし甥っ子や姪っ子と特別に仲が良くて確実にプレゼントを贈りたいという場合は事前に欲しいものを聞いて贈るのが良いかもしれません。

 

贈り物だとすれば何を贈る?

image1243
高校生への贈り物として喜ばれるのは以下のものです。

・図書カードやギフトカード

・勉強道具(高級なボールペン、ペンケース、電子辞書など)

・ブランドの腕時計やサイフ

・定期入れ

・スマートフォン

・PCやタブレット

・バッグ

現金の次に人気なのはやはり自由に使い道を決めることができる図書カードやギフトカードです。

高校生になるといよいよ勉強も難しくなるので電子辞書も良いものを買ってあげましょう。

高校生ともなれば、ませた子は既に自分の好きなブランドを持っているかもしれません。

腕時計やサイフ、バッグをプレゼントする際には好きなブランドを聞けばヒントをつかめることもあります。

 

まとめ

高校生ともなれば合格祝いも兼ねているため中学よりも高めの入学祝いを贈ることになります。

相場としては最低ラインは10,000円〜ですが、少し多めに20,000円ほどを見ておいた方が良いかもしれません。

現金か贈り物ではやはり現金の方が喜ばれますが、甥っ子や姪っ子と親しいのであれば事前に何が欲しいか聞いておいて贈り物を贈るのも一つの手です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ