【ジェルネイル】やり方・手順の基本をマスターしよう!

image33
皆さんは普段、ネイルのケアはしていますか?

オシャレをしてメイクをしても爪先だけ何もしていないと寂しく感じますよね。

仕事で出来ないという方もフットネイルなら大丈夫だと思います。

また主婦の方など水仕事をたくさんする方はマニキュアだとすぐ剥がれてしまうしネイルサロンに行ってまでは・・・という方もたくさんいると思います。

しかしジェルネイルは自分で簡単に出来るんです!

今回はジェルネイルの基本を紹介していきますね!

Sponsored Link

ジェルネイルをするのに必要なものとは?

ジェルネイルをするのに必要なものを紹介しますね!

image29
左側から紹介します。

エメリーボード 爪の長さや形を整えます。

バッファー 爪の表面を傷つけることでジェルを定着しやすくします。

ウッドスティック 爪からはみ出たジェルをとるときに使います。

つまようじ カラージェルを混ぜる時に使います。ウッドスティックのかわりにもなります。

キューティクルプッシャー 甘皮の処理に使います。

ネイルブラシ 爪の形を整えた後綺麗にはらう時に使いますがなくても大丈夫です。

筆 細筆と平筆があれば大丈夫です。

キッチンペーパー 筆を拭くときに使います。

ワイプ 爪の油分を取ったり未硬化ジェルを拭きとるために使います(ワイプはたくさん使うので私は台所用スポンジを切って節約しています)。

カラージェル お好みのカラージェルを用意しましょう。

ベースコート・トップコート 私は兼用になるものを使っていますがベースのみ、トップのみと分かれているものもあります。

クレンザー 未硬化のジェルのふき取りに使います。

そしてLEDライトになります。

image30
UVライトもありますがLEDライトのほうが硬化がとても速いです。

これだけ道具が揃うと基本的にはOKです!

ジェルネイルのキットを購入すると必要なものは揃いますよ!


ビギナーにもおすすめのジェルネイルキットはコチラ!


実際に手順を覚えよう!

これだけ道具があると難しいのではないかと思ってしまいますが覚えてしまえば簡単です!

①エメリーボードで爪の形、長さを整えます。

エメリーボードは往復には動かさずに一定方向に動かしましょう!

往復で動かすと二枚爪の原因になってしまいます。

②バッファーで爪の表面に傷をつけていきます。やりすぎないように注意してくださいね!

③キューティクルプッシャーで甘皮を押し上げていきます。

image31
④クレンザーでダストをふき取ります。

ここで綺麗にふき取っていないとジェルが定着しにくくなるので気をつけてください。

またクレンザーでふき取った後は髪の毛などに触れないようにしましょう。

Sponsored Link

⑤ベースコートを塗布、爪の先のエッジにも塗り仮硬化30秒(ライトにより異なります)。

⑥お好みの色を塗布し仮硬化30秒

image32
⑦二回目塗布をして仮硬化30秒

⑧トップコートを塗布して完全硬化50秒

⑨クレンザーをワイプにふくませてよくふき取ります。

指一本ずつワイプを交換しましょう。

以上がジェルネイルの基本です。

とっても簡単ですよ!

初心者の私もどっぷりハマりました!

 

まとめ

ジェルネイルはマニキュアと違って硬化してしまえばすぐに水仕事をすることもできます。

洗い物をする時はゴム手袋をして普段は爪の周りが乾燥しないようにキューティクルオイルを塗ると長持ちしますよ!

私も家事などしますが2週間ちょっとは綺麗な状態を保っています。

ネイルをするとテンションも上がるのでおススメです!


【ジェルネイル】やリ方や手順は?おすすめデザインも大公開!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ