花粉症でも高熱・関節痛になる?風邪との見分け方ってあるの?

image1256
冬の厳しい寒さを超えればうららかな春がやって来ます。

しかし最近では春だからといって喜んでばかりもいられません。

春の訪れと共にやって来る花粉症が我々を襲ってきます。

花粉症といえば鼻水が主な症状ですが、高熱や関節痛を引き起こすこともあるのでしょうか?

高熱や関節痛を引き起こすとなるともはや風邪と変わらない症状に思えますね。

花粉症でも高熱や関節痛になるのか、またその場合に風邪と見分ける方法があるのかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

高熱・関節痛になる?

image1257
基本的に花粉症単体で高熱や極度の関節痛になることはありません。

ただし花粉症にかかれば鼻づまりから体の抵抗力が弱くなり、他の病気にかかりやすくなってしまいます。

花粉が体内に入れば体は異物として花粉を認識し、アレルギー症状を引き起こすでしょう。

目のかゆみや喉の痛みなども症状の一部です。

これらの症状をきっかけに体の抵抗力が弱くなって、風邪にかかり高熱や関節痛に苦しむことはあります。

花粉症単体でも微熱や微弱な関節痛になることはありますが、高熱が出た場合は他の症状を疑った方が良いでしょう。

 

風邪との見分け方

花粉症は軽めの風邪に似た症状を引き起こすことがあるため、見分けにくいときがあります。

しかし症状毎にポイントを絞ってみれば見分けることは可能です。

Sponsored Link

鼻水

image1258
風邪と花粉症では鼻水の粘性と色が異なります。

風邪の場合はドロドロして黄色や緑色です。

これは細菌の死骸が混ざっているためといわれています。

一方で花粉症の鼻水はサラサラで透明です。

 

目のかゆみ

image1259
目のかゆみは花粉症の症状です。

風邪によって目がかゆくなることはありません。

 

発熱

image1260
風邪の場合高熱が出て比較的短期間の間におさまります。

これは体が体内のウイルスをやっつけるために免疫反応が一時的に体温を上げているためです。

一方で花粉症を原因とする熱の場合、微熱が長期間続きます。

鼻づまりから脳に十分な酸素が供給されないことが原因で発熱するためです。

鼻づまりを治さない限り慢性的に続くでしょう。

 

花粉症と風邪を併発した場合

image1261
花粉症と風邪を併発した場合、薬には注意が必要です。

花粉症と風邪薬には同様の成分が入っています。

薬は適切な量を摂取するから効果的なのであって、過剰に摂取すると逆効果です。

花粉症の薬と風邪薬を同時に摂取すると同一成分の過剰摂取になるかもしれません。

花粉症の薬と風邪薬を同時に摂取する前に必ず医師の診断を受けて相談するようにしましょう。

 

まとめ

花粉症でも微熱や軽い関節痛になることはあります。

しかし高熱や本格的な関節痛となると花粉症の他に風邪を患っていることを疑いましょう。

見分けるポイントとしては鼻水、目のかゆみ、熱などに注目します。

それぞれの症状の特徴を覚えておきましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ