一人暮らしの費用はどれくらいかかる?家賃はどのくらいに抑えるべき?

image1263
春から大学生や新社会人になる、あるいは転勤によって一人暮らしを始めるという方は多いかと思います。

新しい住まいは意外と見つかりにくいものなのでなるべく早く確定させておきたいところですね。

一人暮らしをするとなれば気になるのがかかる費用でしょう。

特に家賃をどのくらいに抑えるべきかは悩ましいところです。

一人暮らしにかかる費用と家賃はどのくらいに抑えるべきかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

削れない出費

image1264
一人暮らしにどのくらいの費用がかかるかはその人の暮らしぶりによって変わります。

しかし費用の中にはどれだけ工夫しても削れない出費があるため、それを踏まえて月の費用を計算しなければいけません。

削れない出費とは通信費や交通費、そして家賃です。

通信費とは携帯電話代やインターネットのプロバイダ料金になります。

大学生以上になれば携帯電話とインターネットプロバイダ料金は必須です。

通信費は各キャリアなどによって月々の料金が固定されているため、一度契約すると節約することができません。

通学や通勤に要する交通費や家賃も月々の料金を節約できないものです。

そのため住む場所は慎重に選ばなければいけません。

これらの削れない出費を踏まえた上で可能な限り節約するようにしましょう。

 

一人暮らしの費用平均

image1262
一人暮らしの費用は最低でも10万円、平均すると12〜14万円程度かかります。

内訳を見ていきましょう。

Sponsored Link

家賃

一人暮らしの場合、たいてい1Rや1K の部屋に住むことになるので平均では55,000〜65,000円ほどです。

とはいえ立地によってピンキリなので都心部からの距離によって変わってきます。

家賃の目安としては手取りの1/3ほどが一般的です。

 

通信費

通信費は月々10,000円ほどの人が多いようです。

格安スマホや上手に割引サービスを使えばある程度節約できるかもしれません。

 

交通費

大学や職場がどれくらい近いかによって変わってきます。

家賃との兼ね合いでなるべく安くなるようにしましょう。

 

食費

食費はおよそ20,000円〜30,000円ほどかかります。

自炊を頑張れば10,000円程度でも済むので、できる範囲で自炊するようにしましょう。

 

水道光熱費

およそ10,000円ほどです。

水道光熱費は食費の次に節約しやすい費用なので工夫して節約しましょう。

電気やエアコンのつけっぱなしを避けることが大切です。

 

洋服・美容代

洋服と美容に関しては男性は10,000円、女性は20,000円ほどかかります。

また社会人で身なりに気をつける人であればスーツのクリーニング代などでさらに10,000円ほど費用がかさむでしょう。

 

娯楽・交際費

娯楽や交際にかかる費用は人それぞれです。

特に交際費については予期せぬ出費が多いため日頃からある程度積み立てておく必要があります。

 

保険料

学生であればまだ親の扶養に入っている方も多いかと思いますが、社会人になれば自身で3,000〜5,000円ほどの保険料をいざというときのために負担しなければいけません。

 

まとめ

一人暮らしでは月々10万円〜14万円ほどかかるとみておきましょう。

家賃は手取りの1/3ほどに抑えるようにするのが一般的です。

一人暮らしは慣れないと中々大変だとは思いますが、できるだけ節約して無駄な出費を減らすようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ