NPO法人とは?求人はどこに出てる?給料はどれくらいなの?

image1271
NPO法人が最近注目を集めていますね。

就職先として視野に入れている方もいるのではないでしょうか?

NPOといえば非営利団体で利益よりもやりがいを追求しているためボランティア的なイメージがあります。

NPO法人の職員になると給料はもらえるのでしょうか?

もらえるとしてどのくらいになるのか、また求人はどこに出ているのでしょう?

NPO法人の定義や求人の探し方、給料について見ていきます。

Sponsored Link

NPO法人とは?

image1274
NPO法人とはNPOの中でも法人格を取得した団体のことをいいます。

法人格を得ることができれば対外的な信用がアップするので何かと活動において有利な扱いを受けることがあるようです。

法人にならずとも任意団体のままNPO活動をすることは可能ですが、何もかも個人名義で契約しなければならないため、手続きが煩雑になったり請求が個人宛になったりするなど、個人に大きなリスクがかかってしまいます。

 

NPO法人の求人はどこに出てる?

image1273
NPO法人の情報は中々得にくいものなのでまずは求人サイトから検索するのがおすすめです。

NPO法人ETIC.という団体が「DRIVE」というNPO求人情報を掲載するサイトを運営しています。

他にもIndeedやタウンワーク、ジョブセンスリンク、NPO・NGOキャリア情報ポータルサイトなどでも求人情報は掲載されているのでNPO法人に興味がある方はチェックしてみましょう。

Sponsored Link

給料は出る?

image1272
NPOと聞くとボランティアのイメージがあるため、給料をもらえないのではないかと不安に思う方もいるかと思いますが、実際には職員の給料はしっかりと支払われます。

もちろんボランティアとして参加している人もいますが、組織から正規に雇われている人には人件費として給料が支払われることになるでしょう。

「NPO法人は非営利なのでは?」という疑問を感じる人もいるかと思いますが、「非営利」とは役員や出資者に利益が配当されないことを意味します。

利益が出ても次の年の経費として繰り越されることになるでしょう。

 

NPO法人の給料はどのくらい?

image1268
給料が出るといってもやはり一般企業や公務員よりは少なめです。

おおよそですが普通の企業の50%から70%程度に収まり、とあるデータによると平均年収は265万円となっています。

やはり通常の企業よりも熱意ややりがいを求める人が所属する組織といえるでしょう。

 

まとめ

NPO法人とはNPO組織に法人格を付与した団体のことです。

法人化することで対人的な信用を得ることができます。

求人はインターネットの求人サイトで探すのがおすすめです。

給料はきちんと出ますが、利益が配分されることはないのでやはり熱意ややりがいのために働きたい人が所属する組織といえるでしょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ