【軽油・レギュラーガソリン・ハイオクガソリン】それぞれの違いは?

image1279
ガソリンスタンドには軽油・レギュラーガソリン・ハイオクガソリンがそれぞれ置かれています。

車をよく運転する人にとってはなじみのある光景ですが、それぞれの違いについてあやふやな方も多いのではないでしょうか?

軽油・レギュラーガソリン・ハイオクガソリンはそれぞれ性質が異なり、車によって向き不向きがあるためきちんと使い分けなければエンジンの不調を来すことがあります。

違いが曖昧な方やこれから車に乗り始めるという方は、それぞれの違いについて理解しておきましょう。

Sponsored Link

レギュラーガソリン

image1280
レギュラーガソリンは最もオーソドックスなガソリンです。

軽自動車から普通車まで幅広く使われているため、最も使う人の多いガソリンになります。

ハイオクガソリンとの違いは着火やノッキングの起こりやすさです。

レギュラーガソリンの方が発火がしにくくノッキングが起こりにくくなっています。

ガソリンの色は透明ですが軽油と区別するため赤色の着色が施されていることが多いです。

 

ハイオクガソリン

image1281
ハイオクガソリンはハイオク車に用いられるガソリンです。

ハイオク車にはスポーツカーや高級車などが多くあります。

レギュラーガソリンに比べて割高のためハイオク車を買うと普通車よりも維持費がかかってしまいます。

レギュラーガソリンよりも着火しやすく、ノッキングが起こりやすいガソリンです。

レギュラー同様赤く着色されているため見た目で区別することは困難でしょう。

Sponsored Link

軽油

image1282
軽油はディーゼルエンジンでしか使用できません。

ディーゼルエンジンは主にトラックなどに利用されているエンジンです。

レギュラーガソリンやハイオクガソリンと区別するため、緑色に着色されています。

 

レギュラーガソリンとハイオクガソリンを入れ間違えた場合

image1283
レギュラーガソリンは基本的にレギュラー車に、ハイオクガソリンはハイオク車に使用することを前提に作られています。

レギュラー車にハイオクガソリンを入れた場合、あるいはハイオク車にレギュラーガソリンを入れた場合、どうなるのでしょうか?

どちらの場合もエンジンがすぐに壊れることはありません。

しかしやはりベストのガソリンを入れていないため、エンジンの性能をフルに発揮することはできず燃費性能などを下げてしまう可能性があります。

なるべくレギュラー車にはレギュラーガソリンを、ハイオク車にはハイオクガソリンを入れるようにしましょう。

 

軽油とガソリンを入れ間違えた場合

image1284
軽油とガソリン(レギュラーあるいはハイオク)を間違えた場合は深刻です。

どちらの場合も非常にエンジンとの相性が悪いためパワーダウンして最後にはエンジンが損傷します。

軽油とガソリンを入れ間違えたことに気づいた場合はなるべく早く入れ替えるようにしましょう。

エンジンが壊れた場合は修理に出す必要があります。

 

まとめ

レギュラーガソリン・ハイオクガソリン・軽油はそれぞれ車のエンジンに合わせて相性のいい燃料です。

車のエンジンと相性の悪い燃料を入れるとパフォーマンスを低下させたりエンジンの故障につながるため気をつけましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ