演歌の語源・由来とは?歌謡曲との違いはナニ?

演歌や歌謡曲と聞くと何となく昭和時代の歌というイメージがあります。

実際にロックやポップスが若者の間で流行している昨今では、古くさい、あるいは高齢者が聴く音楽と認識している人も多いのではないでしょうか?

実際の所、演歌が好きな人でも演歌はいつ頃から歌われ始めたのかきちんと知っている人は少ないと思います。

演歌の語源と由来について見ていきましょう。

また演歌と混同しがちなものとして歌謡曲があります。

歌謡曲との違いについても合わせて見ていきましょう。
Sponsored Link

演歌の語源・由来

image1288
演歌は昭和時代に流行した曲というイメージが強いかもしれませんが、その発祥は明治時代にまでさかのぼります。

当時は自由民権運動が高揚し藩閥政治への批判が強くなっていました。

時の政府は演説の取り締まりによって政治批判を抑えようとします。

演説を封じられたため、自由民権運動家は歌を歌うことで政治を風刺するようになりました。

これが演歌の始まりです。

つまり演歌の語源は演説の歌「演説歌」を省略したものになります。

 

政治風刺から大衆音楽へ

image1286
昭和時代に入ると流行歌と呼ばれる歌が大衆音楽として受け入れられるようになります。

このため演歌は一時的に日本の音楽界から消えてしまいました。

演歌が再び脚光を浴びるようになったのは戦後です。

Sponsored Link

戦後間もなくはまだ流行歌の方が大衆音楽の地位を占めていましたが、流行歌を基盤に現在の演歌に近い哀愁を帯びたメロディーと小節のきいた歌が流行し始めます。

歌のテーマも政治風刺ではなく、酒や海、義理人情、男女の情愛が歌われるようになりました。

 

演歌と歌謡曲の違い

image1287
歌謡曲はしばしば演歌と混同されがちで古くさい歌として見られがちですが、本来は明治時代に入ってきた欧米の芸術歌曲のことを言い、当時は新時代の歌とみなされていました。

現在でも歌謡曲と言って欧米のクラシック曲の意味で使われることはあるようです。

しかし昭和時代初期になって流行歌とごっちゃになってきます。

NHKのラジオが流行歌のことを歌謡曲と言うようになったためです。

このため昭和時代には当時のポピュラー音楽でかつ歌詞のあるものを意味する言葉として使われるようになりました。

演歌は歌謡曲の派生的音楽です。

歌謡曲のうち、ヨナ抜き音階や小節のあるものが演歌と考えましょう。

 

まとめ

演歌の語源や由来は明治時代にさかのぼり当初は政治風刺の歌でした。

その後、流行歌が大衆音楽として受け入れられたため、一度は歴史から姿を消します。

その後、歌謡曲から派生した音楽として小節のきいた歌のことを演歌と呼ぶようになり、流行したため復活しました。

演歌と言えば古くさい歌という印象がありますが、当時は現在のポピュラー音楽だったようですね。

時代の移り変わりを感じます。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ