【くらやみ祭り】2016年の日程をチェック!交通規制はある?

くらやみ祭りは東京都府中市の「大國魂神社」にて開催されるお祭りです。

その由来には1000年以上の歴史があり、遡れば大化の改新時代の記録にも現れます。

大國魂神社に祀られている大國魂大神はこれまた歴史の古い神様で「大国主」と呼ばれていますが、これは日本神話「古事記」に登場する因幡の白兎の別名です。

神話時代の神様を祀る神社で行われる非常に由緒正しいお祭りですが、ゴールデンウィーク中に開催されていることもあり毎年70万人もの来客数を記録する盛大なお祭りでもあります。

まだゴールデンウィークの予定が決まっていない方は2016年度のくらやみ祭りについてチェックしてみましょう。

日程と交通規制を中心に紹介して行きます。
Sponsored Link

くらやみ祭りの日程

くらやみ祭りの開催期間は例年4月30日〜5月6日のゴールデンウィーク期間中です。

2016年度も4月30日(土)から5月6日(金)にかけて開催されると思われます。

このうちで最も賑やかになるのが5月3日から5月5日にかけてで、出店なども楽しめる期間です。

くらやみ祭りは日によって異なる様々なイベントが行われます。

以下が昨年行われた行事と日程です。

・4月30日 品川海上禊祓式

・5月1日  祈晴祭

・5月2日  御鏡磨式

・5月3日  山車の競演、競馬式

・5月4日  御綱祭、萬燈大会、子供御輿渡御、太鼓の響宴、山車の巡行

・5月5日  例祭 、道清め、太鼓送り込み、宮乃咩神社奉幣、御饌催促の儀、動座祭、威儀物授与、御霊遷の儀、御輿渡御、坪宮奉幣、野口仮屋の儀、やぶさめの儀

・5月6日  やぶさめの儀、鎮座祭

Sponsored Link

アクセスと交通規制

くらやみ祭りが開催される大國魂神社へのアクセスには電車と車の2通りがあります。

おすすめは電車です。

電車でのアクセスは以下になります。

・京王線「府中駅」下車後徒歩5分

・JR・南武線・武蔵野線「府中本町駅」下車後徒歩5分

車でアクセスすることもできますが、なにぶん来場者が多く混雑が予想されるため交通規制が敷かれます。

なるべく公共交通機関を利用しましょう。

昨年の交通規制の内容としては5月3日から5月6日にかけて大國魂神社の周辺一帯に時間毎に細かく交通規制がかけられ、5月5日の午後5時から7時にかけては東西鳥居も通行止めされました。

通常から実施されている日曜、祝・祭日のけやき並木通り交通規制はお祭り期間中も実施されていたようです。

また普段利用できる府中駅南口市営駐車場も利用できなくなりました。

2016年度も細かい交通規制が予想されるため、直前に府中市のホームページをチェックしてから出かけるようにしましょう。

 

まとめ

くらやみ祭りは大國魂神社で開催される歴史あるお祭りです。

ゴールデンウィーク中に開催され、毎日異なる行事が催されます。

車でアクセスすることも可能ですが、ひどい混雑と交通規制が予想されるためあまりお勧めできません。

ゴールデンウィークは大勢の人と一緒にくらやみ祭りを楽しみましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ