エイプリルフールの由来とは?嘘をつくにもルールがあるらしい!

image1347
4月1日はエイプリルフールです。

この日は世界各地の人たちが嘘をついて、騙す人もいれば騙される人もいます。

最近は企業もエイプリルフールに参加し、ユニークなネタを飛ばせばニュースにもなる時代ですね。

ところでこのエイプリルフールは誰がどのようにして始めたのでしょうか?

またあまり知られていないかもしれませんが、エイプリルフールにもルールが存在しており際限なく嘘をつきまくっても良いというわけではないようです。

エイプリルフールの由来とルールについて見ていきましょう。

Sponsored Link

エイプリルフールの由来

image1348
エイプリルフールの由来は謎に包まれておりはっきりしたことは何もわかっていません。

いつどこで誰が始めたのか確かなことが何もわかっていないのです。

以下ではエイプリルフールの起源ではないかと言われている説についていくつか紹介していきます。

シャルル9世の圧政に反抗説

昔のヨーロッパでは3月25日から4月1日まで新年のお祝いをしていました。

しかし1564年、フランスのシャルル9世は1月1日を新年とする現在の暦を採用しましたが、当時の国民にこの政策は不人気だったようで人々は4月1日を新年としてバカ騒ぎするようになります。

シャルル9世は憤慨しバカ騒ぎしていた人を弾圧しますが、国民はさらに反発して4月1日にバカ騒ぎする習慣を続けるのでした。

その後徐々に反発の意味が薄れて現在のエイプリルフールに落ち着いたとのことです。

Sponsored Link

インドの修行が無駄になる説

昔インドの修行僧は春分の日から4月1日まで過酷な修練を積んでいました。

しかし4月1日になってせっかく修行したのに俗世に戻ってくる僧が少なくなかったことから、僧たちは人々に修行が無駄になることを揶揄されていました。

このため4月1日は「揶揄節」と呼ばれ他人に無駄なことをさせておちょくる日になり、のちにエイプリルフールとなったとのことです。

 

イギリスのオークアップルデー説

イギリスには王政復古の記念祭オークアップルデーというものがあります。

後述しますが、エイプリルフールには午前中だけ嘘をついても良いというルールがあり、それがオークアップルデーの午前中だけ樫の実(オーク)を身につけるという風習に由来していると考える説があるようです。

 

エイプリルフールのルール

image1346
エイプリルフールも際限なく嘘をついてもいいというわけではなく、幾つかのルールがあります。

以下が主なルールです。

  • 嘘をついてもいいのは午前中だけ
  • 午後には嘘のネタばらしをしなければならない
  • 嘘で相手を傷つけてはいけない
  • 嘘をつかれたことの腹いせにやり返してはいけない
午後にネタばらしをしなければいけないのであんまりたくさんの嘘はつけませんね。

また相手をからかうものの傷つけてはいけないのでユーモアのセンスが問われます。

 

まとめ

エイプリルフールは世界中の人に親しまれているにもかかわらず、起源や由来に確たる証拠がない謎の習慣です。

ルールとしては午前中に嘘をついて午後にはネタばらしすること、相手を傷つけたりやり返したりしてはいけないことなどに注意する必要があります。

ユーモアのある嘘で友達をからかってエイプリルフールを楽しみましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ