兄弟に贈る初節句のお祝いの相場はどのくらい?いつ渡せば良い?

image1356
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句は初節句と言い、親戚によってお祝いされるならわしがあります。

男の子なら5月5日の端午の節句、女の子なら3月3日の桃の節句がそれぞれ初節句です。

親戚や孫が初節句を迎えるとお祝いしなければいけませんが、初めて親戚の初節句を祝うという場合、相場やいつ渡すのかがよくわからないという方もいらっしゃるかと思います。

今回は兄弟の子供に初節句のお祝いを贈る際の相場と渡すタイミングについて見ていきましょう。

Sponsored Link

初節句のお祝いの相場はどのくらい?

image1357
兄弟の場合、初節句のお祝いの相場はおよそ5,000円〜10,000円に品物をつけるのが一般的です。

あくまで相場なので目安くらいに考えておきましょう。

実際は各家庭によってケースバイケースです。

地域や家庭間の取り決めなどしきたりや風習がある場合はそれに従うのが良いでしょう。

可能なら事前に相手と相談しておくのも重要です。

各家庭で懐事情があると思うので、お互いに無理をさせない程度の金額に止めましょう。

 

一緒に贈る品物は?

image1358
お祝いにお金を贈るだけでは味気ないため、一緒に品物も贈るのが一般的です。

よく初節句に贈るものとしては雛人形や五月人形が聞かれますが、これらは祖父母が孫に対して贈るものになります。

兄弟に贈る場合は別のものにしましょう。

Sponsored Link

初節句に贈る品物として喜ばれるものには以下のものがあります。

  • おもちゃ
  • 衣類
  • 商品券やギフト券
  • カタログギフト
祝う相手はあくまでも初めて節句を迎える赤ちゃんなのでおもちゃや衣類が喜ばれますが、商品券やカタログギフトの場合、兄弟が好きなものを買えるという利点があります。

プレゼントしたものを相手が既に持っていたという事態も防ぐことができるでしょう。

何をあげればいいのかよくわからないという場合には商品券などがオススメです。

 

いつ渡せば良い?

image1359
初節句のお祝いは節句が訪れる2・3ヶ月前〜10日前までに渡すのが作法です。

もしお祝いする相手が女の子の場合、3月3日の2・3ヶ月前ということでお正月が含まれます。

親戚が一堂に会するお正月についでに初節句のお祝いも渡しておけば、再度兄弟の家まで行って渡す手間が省けるでしょう。

 

まとめ

兄弟に渡す初節句のお祝いには5,000円〜10,000円に品物を付け加えるくらいが相場です。

品物は赤ちゃんが喜ぶものを送りましょう。

分からなければ商品券などがおすすめです。

渡すタイミングとしては初節句の2・3ヶ月前〜10日前に渡すのが一般的な作法と言われています。

重要なのは相手が困らない程度の金額・品物に止めることです。

可愛い甥や姪が健やかに育てるよう、初節句にはささやかなお祝いしてあげましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ