松花堂弁当とは?名前の由来は?幕の内弁当との違いは何?

弁当にも色々な種類があります。

皆さんはお弁当と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

一番初めに思い浮かべるのは幕の内弁当ではないかと思います。

俵型のおにぎりに焼き魚、玉子焼き、蒲鉾、そして大抵は揚げ物や漬け物、煮物などが入っており日本人にとって定番のお弁当といえるものです。

最近はハンバーグやオムレツなど洋食が入った洋風幕の内まであり、コンビニなどでも売っていて手軽に食べられるようになっています。

一方、幕の内弁当とよく似た弁当で松花堂弁当というものがあるのをご存じでしょうか?

ご飯と数種類のおかずというように一見シンプルな構成が幕の内弁当とよく似ていて混同してしまいますが、どうも幕の内弁当とは違うもののようです。

松花堂弁当とは何なのか、名前の由来、そして幕の内弁当との違いについても見ていきましょう。
Sponsored Link

松花堂弁当とは?

松花堂弁当とは縁が高く四角い輪郭の箱、中に十字の仕切りとかぶせ蓋をこしらえた「松花堂」という器を使用した弁当のことをいいます。

松花堂弁当の特徴はなんといってもその美しさです。

刺身が入っている以外、焼き物、煮物、ご飯が入っている幕の内弁当と大差ありませんが、これらが十字の仕切りの中に美しくおさまっています。

十字の仕切りは一つの料理の味が他の料理の味に移らないようにするという意味もありますが、お弁当を美しく盛りつけることにも一役買っているようです。

 

松花堂弁当の名前の由来は?

松花堂の名前の由来は江戸時代にまでさかのぼります。

江戸時代、松花堂昭乗という一人の学僧がいました。

彼は書道や絵もたしなみ、絵の具や薬、煙草を入れる容器として仕切りの付いた箱を愛用していたそうです。

Sponsored Link

この箱は本来、農家が種を入れるために利用していたものだといわれています。

その後、数百年の時が経った1933年、大阪のとある屋敷で貴志彌右衛門なる人が後の名料亭「吉兆」創始者となる湯木貞一に松花堂の使っていた器で弁当を作るように命じました。

湯木貞一は松花堂の器で茶懐石の弁当を作ります。

これが松花堂弁当の始まりです。

後に松花堂弁当は毎日新聞によって取り上げられ有名になります。

 

松花堂弁当と幕の内弁当の違い

image1364
松花堂弁当と幕の内弁当はよく似ていますが、その源流は全く異なるものです。

松花堂弁当が懐石料理の流れを汲むものであるのに対して、幕の内弁当は本膳料理の流れを汲んでいます。

懐石料理と本膳料理の違いとして前者はお茶の席で出される料理であるのに対し、後者は武家の儀礼のようにフォーマルな席で出される料理です。

今となっては松花堂弁当の方が幕の内弁当よりも上品な感じがしますが、本来は幕の内弁当の源流である本膳料理の方が格式張ったお食事だったようですね。

幕の内弁当が出され始めたのは江戸時代で、芝居の合間に観客が食べられるように出したのが始まりといわれています。

幕の内弁当は本膳料理が廃れていることもあり、今や本来の姿を忘れ大量生産される庶民に親しみの深いものになりましたが、松花堂弁当は今でもお吸い物を付ければきちんとした「お料理」です。

 

まとめ

松花堂弁当とは松花堂昭乗というお坊さんが使っていた仕切り入りの器にご飯とおかずを盛りつけた弁当です。

料理人・湯木貞一が貴志貴志彌右衛門なる人物に命じられて松花堂の器で弁当を作ったのが始まりになります。

幕の内弁当との違いはその源流で、松花堂弁当が懐石を源流にしているのに対し、幕の内弁当は本膳料理が源流です。

幕の内弁当が庶民に親しまれるに従って本来の姿を失っていったのに対して、松花堂弁当はいまも懐石料理の形式をほとんど崩していません。

大衆向けに大量生産されて本来の姿を失うのは料理の世界においても変わらないようですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ