【青柏祭】2016年の日程・花火の打ち上げ時間・駐車場情報!

青柏祭は石川県七尾市で開催される例大祭です。

青柏祭で用いられる曳山は“でか山”と呼ばれ国の重要無形民俗文化財に指定されています。

特筆すべきはその大きさで、高さにして約12メートル、重さは約20トンです!

その大きさは日本最大級といわれ、観覧にきた観光客を驚かせます。

これだけの大きさなので倒れようものなら大惨事ですが、街中で若衆たちによって行われる辻回しも見事なものです。

しかもでか山は府中町、鍛冶町、魚町の三町から3つも曳き出されます。

またでか山が曳き出される際には合図として花火も打ち上げられるのでそちらも要チェックです!

2016年の青柏祭の日程、花火の打ち上げ時間、駐車場情報について見ていきましょう。
Sponsored Link

青柏祭の日程

青柏祭は例年5月3日~5月5日に開催され、2016年度も5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)に開催される予定です。

ゴールデンウィーク中なこともあって近年参加する人が増加傾向にあります。

多少の混雑は覚悟しましょう(^^ゞ

 

花火の打ち上げ時間

鍛治町と府中町からデカ山を曳き出す際には花火で合図するようです。

鍛冶町では5月3日の21時30分に、府中町では5月4日の1時にそれぞれでか山を曳き出すとともに花火が打ち上げられます。

Sponsored Link

時間帯が深夜ということもあって少し大変ですが、でか山が曳き出される瞬間は、人々の緊張感が高まり、青柏祭で最も盛り上がる瞬間の一つでもあるので是非見に行ってみてください。

ちなみに魚町の曳山が出されるのは5月4日の朝8時なので花火はないようです。

 

駐車場情報とアクセス

青柏祭には臨時駐車場などはありません。

しかし市内にはそこかしこに駐車場があります。

七尾駅に近い駐車場がオススメです。

でか山は市内各所を巡回するのでどの駐車場に止めても問題ないでしょう。

七尾駅にもでか山は姿を見せます。

七尾駅は大地主神社へのアクセスに優れているところも利点です。

大地主神社は3町それぞれのでか山が最初に奉納される神社で、青柏祭の拠点とも言える場所になります。

電車でアクセスする場合にもやはり七尾駅が最寄駅です。

七尾駅からは徒歩でも15分ほどで大地主神社に到着することができます。

 

まとめ

青柏祭は国内最大級とも言われる曳山を街中で曳き回すお祭りです。

5月3日の深夜から順次各町のでか山が曳き出され、5月5日まで開催されています。

でか山を曳き出す際には花火の合図もあるのでそちらも要チェックです。

駐車場は市内各所にありますが、七尾駅付近の駐車場を利用するのがオススメになります。

当日はでか山の大きさとそれを操る若衆の技術に舌を巻きましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ