【淀川花火大会】2015年の日程・場所・見どころをチェック!

image42
淀川花火大会は大阪市の新淀川で開かれる花火大会です。

平成元年に始まり、2万発以上の花火が梅田の高層ビル群を背景に打ち上げられる豪華絢爛な花火大会です。

2015年の花火大会を観覧する人は日時、場所、見どころをチェックしておきましょう。

Sponsored Link

淀川花火大会の日程

淀川花火大会は毎年8月の第二土曜日に開催されます。

例外はありますが今年は例年通り8月の第二土曜日、すなわち8月8日開催です。

時間は午後7時50分〜8時40分までの間となります。

雨天決行ですが荒天の場合は延期となります。

2014年は残念ながら荒天のため中止となりました。

雨天荒天と思われる場合は当日ホームページなどでチェックするようにしましょう。

なにわ淀川花火大会のホームページはコチラ

有料会場のチケット販売は6月1日より開始されます。

公式サイトやチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどで販売されます。

 

淀川花火大会の場所

有料席は淀川を挟んで十三会場と梅田会場、納涼船からの観覧、そして堤防パノラマスタンドがあります。

無料でゆったり観覧できる穴場のスポットとしては本庄公園付近、日本ペイントビル前、海老江グランド付近があります。

特に海老江グランド付近は淀川河川敷の中でも比較的すいているポイントなのでおすすめです。

展望台から観覧したい場合は大阪府咲洲庁舎コスモタワー、梅田スカイビル空中展望台がおすすめです。

Sponsored Link

特に大阪先洲庁舎コスモタワーは日本で三番目に高い展望台で当日は特別に屋外展望スペースが解放されています。

ただし展望台の場合入場料金があるのと入場制限があるため早めに入場しておく必要があります。

ディナーと一緒に楽しみたい場合はホテルプラザオーサカ、ウェンスティンホテル、梅田「阪急32番街」レストランなどがあります。

ホテルプラザオーサカでは淀川花火満喫パックというプランが発売されホテル内のレストランでお食事を楽しめます。

梅田「阪急32番街」レストランは地上100メートル以上の高さから花火を観覧できるのでデートスポットとして最適な場所です。

 

淀川花火大会の見どころ

淀川花火大会の見どころは毎年テーマに沿った新しい演出が見られ、趣向が凝らされているところにあります。

今年はどんなテーマになるのかは未定ですがスタートからヴォリューム満点に打ち上げることも多く、名物の水中花火をはじめ、スターマイン、マジック花火、キャラクター花火などなど多種多様の花火で楽しませてくれます。

 

まとめ

淀川花火大会は豪華絢爛な大阪最大の花火大会です。

淀川と梅田のビル群をロケーションに多種多様で趣向が凝らされた花火を楽しみましょう。

image521

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ